無料ブログはココログ
フォト

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月27日 (日)

この一週間(1/21~1/27)

◆世間では:【統計不正】勤労統計だけでなく、22の統計で不適切な手続きが見つかっただなんて・・・我が国には事実を残そうという意識はないのだろうか。。。
【大坂なおみ全豪初制覇】暗い出来事ばかりの中で、ものすごく輝いたニュースでした。。。

◆個人的には:大阪国際女子マラソンが中心の一週間でした♪結果は、「待ってろ、東京。」となったかどうか・・・でも事故等なくほっとしています。

・今週の御朱印:山阪神社(大阪市)
・今週の「虹のようなもの」:彩雲少し(1/212227

○主な出来事:
1/27() 38回大阪国際女子マラソン(審判)

○本:「「日本国紀」の副読本」百田尚樹、有本香著(産経セレクト)
♪「日本国紀」は、予約購入したにもかかわらず、まだ第一章しか読めていません・・・副読本を先に読んでしまったこととなります♪
・いままでの日本史の授業や教科書は「この国の歴史」だった。だからといって、客観的かつ科学的で正確無比というわけでもない。どこの国の歴史だかわからないようなものが学校でも教えられている。そのしっくりこないものと、「私たちの歴史」を求める人々との間のせめぎ合いがいま起きている。
・戦後エリートが、私たちの日本や私たちの大事な歴史を、「この国」などという無機質な言葉で呼び、嘘まで混ぜ込んで日本人を貶め、「愛国心などというものは、うさんくさい」などと上から目線で言ってきたことに対して「もうやめてくれ!」という叫びです。
・本来は、「主観」が大事といいますか、別の言い方をすると、視点が大事なのです。これは誰が書いているのか、誰がこの事実を見ているのか、ということが大事なのです。・・・ところが、私が目を通した一般向けの歴史の本でも、その視点が欠けている。どれだけ詳しくても、年表は「歴史」とは言えません。
・日本人の格好悪いところもこの本には書いてある。これが物語なのですね。いつも順調は良い話ばかりではなくて、日本人に駄目なところがあったり、沈んでいる時期があったり、つまり浮沈がきちんと描かれているという意味でも、物語なのですね。
・駄目な部分まで含めて自分のものと捉えないと、自分の中に物語は取り込めない。
・中国の易姓革命ほどの完全な破壊ではありませんが、日本にも「プチ破壊」は起きています。それを近代でいちばん行ったのは薩長の人たちということでしょうか。
・私は犬のお伊勢参りを知ったとき「これが日本人だ!」と思いましたね。日本でしかあり得ない話です。
・日韓関係は古代から一貫した原則があるのです。それは「韓国を助けるとろくなことにならない」ということです。問題はなぜ、日本はこの歴史に学ばないかということです。
・改めて今回の一年にわたる執筆で「私たちの歴史」を取り戻すことは重要だと思いました。・・・「民族の歴史」は最大のパワーだということなのです。

○これから一週間の予定:
2/2()
近畿スポーツ推進委員研究協議会(京都・宇治)
2/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

2019年1月20日 (日)

この一週間弱(1/15~1/20)

◆世間では:【阪神・淡路大震災から24年】時のたつのは早いものです。
【稀勢の里引退】よくわかっていなかったけど、無理はしてはいけなかったのでしょうね。。。

◆個人的には:【年賀はがき当せん番号決定】これから確認します♪

・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:見えずです。。。

○主な出来事:
特になしです。

○本:「日本進化論」落合陽一著(SB新書)
・政治家が向き合っているような問題を、テクノロジーの力で解決しようとしている人たちはたくさんいます。しかし、どんなに熱い想いを持って取り組んでいても、政治の世界はテクノロジーで観点で物事を考える習慣がないため、なかなか理解者が増えず、その熱意を活かせずにいるのだと思います。そういった人々の想いを邪魔しないためにも、ポリテックが当たり前とされる空気を社会全体でつくり上げていくべきだと思っています。
・既存のネットワークインフラを有効活用することは、限界費用ゼロ化への近道のひとつ。
AIによる自動化が普及した社会で、労働の効率化を追求し、働き手の負担を減らそうとすれば、人間の労働は限りなくゲームに接近し、いずれ両者の区別はつかなくなっていくと考えられる。

○これから一週間の予定:
1/27() 38回大阪国際女子マラソン(審判)

2019年1月14日 (月)

この一週間とちょっと(1/7~1/14)

◆世間では:【勤労統計不正】失業給付を受給中のこのタイミングでこのことがニュースになるなんて。。。

◆個人的には:娘が成人式、ということで、荒天の場合に備えて、本日一日予定を空けていたのですが、好天に恵まれて、出番なしでした。。。

・今週の御朱印:建部大社、日吉大社(大津市)
・今週の「虹のようなもの」:1/101/12に彩雲少し

○主な出来事:
1/9() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
1/10() MCEI大阪支部 20191月度 定例会(大阪)

○本:「迷子のコピーライター」日下慶太著(イースト・プレス)
・広告の停滞、ひいては、日本全体の停滞が「確認」にあるとぼくは考えていた。何度も何度も確認をしながら物事を進めていく。石橋を叩いて叩いて叩いた末に叩きすぎて壊れる。石橋を叩いて渡れることを確認したのに、それを信用せずに結局渡らない。
・広告制作者はなんとか(その商品や企業の)魅力を見つけようとするので性格がよくなる。対象を蔑んでいては仕事が終わらないのである。斜に構え、しらけた若者だったぼくも、広告をすることで性格がよくなった。
・己を祭れ。照れと遠慮を捨てて、アホになれ。

○これから一週間弱の予定:
特になしです。

2019年1月 6日 (日)

この一週間(12/31~1/6)

◆世間では:【原宿暴走】この状況では、テロ対策が万全なんて言えないですよね。。。

◆個人的には:主夫として迎えた初めての年末年始も無事終わろうとしています。毎度のことながら、あかぎれが痛いです。。。

・今週の御朱印:生駒山宝山寺奥の院(生駒市)
・今週の「虹のようなもの」:1/31/5に彩雲少し

○主な出来事:
1/6() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「考えるとはどういうことか」梶谷真司著(幻冬舎新書)
・学校のことを思い出してほしい。私たちが教わるのは、個々の場面で必要なルールを身につけ、その中で決められたことに適切な答えを出すことだけである。・・・それはむしろ「考えること」とは反対のこと、「考えないようにすること」ですらある。
・私たちは考えることによってはじめて自由になれる。考えることは、自分を縛りつけるさまざまな制約から自らを解き放つことである。
・家庭でも学校でも会社でも、私たちはその場にふさわしいこと、許容されそうなことだけを言う。そうでないことを言うのは、明に暗に禁じられてきたか、自ら控えてきたかだろう。・・・「言いたいことを言わない」のは、しつけと教育の見事な成果である。
・質問するのは、相手を責めていたり不満や文句を言っていたりすることが多く、そんなつもりがなくても、そう受け取られやすい。・・・いずれにせよ、相手を不快な気持ちにさせるし、会話を滞らせてしまう。・・・だから私たちは、できるだけ質問しないようにする。
・学校では、質問なるものは基本的には歓迎されず、許されている質問もきわめて限られている。問うことを学ばないところでは、考えることも学べるはずがない。それどころか問うことを封じ、問わないことがいいということを学ぶなら、結局学校では「考えないこと」を学んでいるのだ。
・人間は自ら考えて決めたことしか責任はとれないし、自分の人生には自分しか責任はとれないのだ。
・哲学は夢を追いかけるユートピア思想ではないし、社会全体を変えようとする革命思想でもない。それは「考える」ということを通して、誰もが自分の生きる現実をほんの少しでも変え、自由と責任を取り戻して生きるための小さな挑戦である。

○これから一週間の予定:
1/9() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
1/10() MCEI大阪支部 20191月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html

2019年1月 5日 (土)

2018年の12月

♪このひと月・・・「ファーウェイCFO逮捕」や「韓国海軍レーダー照射」で中共と韓国の異形性が浮き彫りにされたひと月だったと感じています。

◆個人的には:
主夫となって初めて迎える年末年始・・・余裕のない状況が続き、結局今の今まで、12月のまとめができずにきました。。。
とりあえずは、イベント関係の整理だけはしておきます♪

12月のイベントへの参加は以下の5件でした♪
会議ばかりのひと月だったかもしれません。。。
12/1() 大阪マスターズ陸上競技連盟幹部会(大阪)
12/6() 枚方市スポーツ推進委員会 反省会(大阪・枚方)
12/12() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
12/13() MCEI大阪支部 201812月度 定例会(大阪)
12/22() 大阪マスターズ陸上競技連盟理事会(大阪)

12月のノルディック・ウォーキングのイベントは3件でした。
この冬は比較的暖かい日が多かったようです♪
12/2() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
12/15()22() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

◆今月のことば:「日本は幼少の頃から、自らの意志を表明することをあまりよしとしない哲学を植え付けられる。ところが歴史は、意思を表明した人によってつくられてきた。」(
各務太郎著「デザイン思考の先を行くもの」(クロスメディア・パブリッシング)より

1月の予定:
1/6() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
1/9() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
1/10() MCEI大阪支部 20191月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
1/27() 38回大阪国際女子マラソン(審判)

2019年1月 1日 (火)

2019年の始まりにあたって

新年あけましておめでとうございます。
2019
年の漢字は「刻」だそうです(熊野本宮大社)。九鬼宮司によると「元号が変わり、改めて時を刻んでいく年。それぞれ一日一日しっかりと大事な時を刻み、平穏で素晴らしい1年にしていただきたい」とのことです。
今年の干支の亥が含まれた「刻」は私も候補に入れており、私としては、今年は、大事な時を刻むとともに「遊」の年にしたいと思いました。

昨年は、定年退職して新たな出番の待機状態となった一年であったと感じています。
今年は、「猪八戒」の「西遊記」にこじつけて、「遊」の年にしたいと思いました。

今年の干支は亥(猪)、「猪」と言えば、「西遊記」の「猪八戒」。旅に遊ぶことから、今年の漢字は「旅」か「遊」かで迷いましたが、「遊」としました。
昨年定年退職した「遊休」=アイドリング状態で、出番があればすぐに対応できるという意味では、昨年の「待」と同じような語感なのかもしれません。
当面は遊休状態が続きますが、「遊び呆け」ないようには注意して、いずれは新たなステージに向かうため「遊学の徒」や「天涯の遊子」たらんと感じています。
「遊」を使った熟語には、「遊戯三昧(ゆげざんまい)」や「雲遊萍寄(うんゆうへいき)」などがあり、「何ものにも囚われることがないように」心がけたいとも思っています。
また、「遊脚」「遊撃手」などといった使い方もあり、「遊撃手」とはちょっと距離がありますが、「遊脚」は、これからも今まで以上に研究対象としていきたいと考えています。

今年もよろしくお願いいたします♪

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30