無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(4/15~4/21) | トップページ | 第33回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) »

2019年4月29日 (月)

この一週間とちょっと(4/22~4/29)

◆世間では:【政府、スーパーヨット受け入れ拡大進める】経済効果だけだと寂しい気がしますが、日本の素晴らしさを実感してもらえる良い機会になればと思います。

◆個人的には:主夫には10連休も何もないことを、定年退職してようやく解りました。。。
・今週の御朱印:生駒山宝山寺多宝塔(愛染明王)(生駒市)
・今週の「虹のようなもの」:4/28(内がさ)♪

○主な出来事:
・4/25(木) 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「ツボがある本当の意味」栗原誠著(BABジャパン)
・「経絡」は「血管系」の観察から始まり、「神経系」を反映させるようにデザインされたものだと想像することができます。
・ツボが実用化されていて、そのツボの効果を説明するために経絡という概念が後から作られたと考えるべきです。・・・経絡の素晴らしさは、ツボの効果を視覚的に説明できることです。
・私の実践と研究によれば、ツボは動作における起点としての役割があります。
・動作の本質を改善させるには、動きの中心(回転軸)を整える必要があります。従来の鍼灸では「動きの中心」に着眼した形跡がありません。しかし、武術やスポーツの世界では常識的な発想です。こちらの分野に立ってツボを分析すると、人体が動作時に無意識に作り出す動きの中心にツボが深く関わっていることがわかります。
・皮膚は動きの方向性に関与している・・・相手の皮膚に働きかければ、相手の動きを制御できます。
・実は「動かないところに痛みが出る」ということが分かっていています。・・・原因を見つけようと思ったら、損傷部位ではなく動きの悪い所を探すのが正解となります。
・活法(古武術整体)という視点から「人体の動き」を調整する際に重要なポイント2つ:①張力②回転軸⇒この2つを調整することで動きを整えることができます。
・肩こりは全身の問題として捉えるべき症状。
・鍼灸師には「人体における法則性の認識」と「対人における関係性の構築」という二つの切り口が必要です。
・私が注目している鍼の特性は、生体を警戒させずに微細な侵害刺激ができることです。

○これから一週間の予定:
・5/1(水・祝) 第33回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
・5/5(日・祝) ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)

« この一週間(4/15~4/21) | トップページ | 第33回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一週間(4/15~4/21) | トップページ | 第33回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30