無料ブログはココログ
フォト

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月26日 (日)

この一週間(5/20~5/26)

◆世間では:【トランプ米大統領来日】中共包囲網を確実に築いていっていただきたいと願います。

◆個人的には:先週「資本家マインドセット」を読んで、会社を持つことを考えてみたいと思いつつ、まだ何も進んでいない状況です。。

・今週の御朱印:なしでした。
・今週の「虹のようなもの」:5/22(内がさ&彩雲)♪

○主な出来事:
5/23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「正しい姿勢で走れば、マラソンはもっと楽しく、速くなる」飯田潔、長田潤晴著(じっぴコンパクト新書)
・反り腰の主な原因は、腹筋群が弱く、骨盤は前傾しているが、体幹を固定することができないため起こる。
・骨盤前傾がもたらす大きな効果には、股関節を伸展して後ろに伸ばしやすくしてくれる作用がある。・・・骨盤が前傾していて股関節で足が伸展すると下半身最大ともいわれるお尻やモモ裏の筋肉の強大なパワーを味方にすることができる。
・体幹下部の強い支持力に加え、骨盤前傾による腰高の姿勢ができるようになると、着地時にパワーポジションをとることができる。パワーポジションがとれると着地は安定し、さらに着地のエネルギーを効率よく推進力に変えていくことが可能になる。
・伸展時には、足の指先までが伸びることで、お尻のパワーが最大限に活かされるわけだが、指先が接地していないと、足離れ(トゥオフ)のタイミングが早くなってしまい、完全に伸展せずにヒザが曲がり始める可能性が高くなる。

○これから一週間の予定:
5/30() 枚方市スポーツ推進委員会 事業委員会(大阪・枚方)
6/2() ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)

2019年5月20日 (月)

この一週間(5/13~5/19)

 

 

◆世間では:【百舌鳥・古市古墳群、世界文化遺産へ】御朱印とともに、御陵印収集も人気となりそうですね。

◆個人的には:マスターズ陸上の全日本選手権、エントリーしました
♪今年は群馬県前橋市で開催。近くの寺社の御朱印頂戴できればと思います。
・今週の御朱印:四條畷神社(四條畷市)。
・今週の「虹のようなもの」:5/15161819(内がさ)♪

○主な出来事:
5/14()16() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「資本家マインドセット」三戸政和著(幻冬舎)
・好きなことを、好きな人と、好きなようにやる人。これが私の考える「資本家」だ。
・「お金を生む仕組み」をつくること。それが、私が考える、資本家のいちばん大事な仕事だ。
・「金融資本」「物的資本」に加えて、「他人の時間」という「人的資本」を活用しながら、自分の人的資本を最大効率化させる・・・それにより、希少性の高い「自分の時間」を、自分が望む人生の価値創造に、全力投球することができるようになる。
・堀江貴文さんによれば、勝ちやすいビジネスの基本は「初期コストがかからない」「在庫を持たない」「粗利率が高い」「定期的な収入がある」の4つ。
・サラリーマンの出世競争は「合成の誤謬」。
・あらためて理解して欲しいのは、資本家はサラリーマンと大きく違うだけではなく、経営者でもない、ということ。

○これから一週間の予定:
5/23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2019年5月13日 (月)

この一週間弱(5/7~5/12)

 

 

◆世間では:【東京オリンピックの観戦チケット申込開始】さて、どうしましょうか・・・

◆個人的には:本日の「
ライフ親子グランド・ゴルフ大会」で初めてグランドゴルフの記録係を担当しました。これまでグランドゴルフをしたこともなく、ルールも記録の付け方も初めて知りました。世の中にはまだ自分の知らないことがいくらでもあるものだと思い知りました♪
・今週の御朱印:今週はなしです。
・今週の「虹のようなもの」:5/81012(内がさ)、5/10(環水平アーク)♪

○主な出来事:
5/8() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
5/9() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
5/9() MCEI大阪支部 20195月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
5/12() ライフ親子グランド・ゴルフ大会(大阪・枚方)

 


○本:「腰痛を治す教科書」鈴木勇著(ソーテック社)
・普段のよくない姿勢が“骨盤のズレ”を起こし、骨盤のズレが“腰痛”を引き起こす。
85%の腰痛は原因不明ですが、・・・骨盤のズレを放置したせいで生じたもの。
・腰痛が2度と起こらないようにするためには、骨を本来の正しい位置に戻せばいい。
・腰痛の原因として、・・・もうひとつ、「筋力不足や筋肉を動かさないでいることのよる血液循環の滞り」が挙げられます。
・骨盤のズレによる痛みや不調は腰にとどまらず、全身におよぶことがあります。・・・骨盤のズレさえ治せば、腰痛だけでなく、そのほかの体の不調も一緒に改善できる。

○これから一週間の予定:
5/14()16() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2019年5月 6日 (月)

この一週間(4/30~5/6)

◆世間では:【米中貿易戦争】中国政府が報道規制を敷いているということは、中共側の失策ということなのでしょうか?

◆個人的には:5/1にマスターズの大阪選手権があったことから、地域の神社へのおついたち参りは途切れてしまいましたが、長居競技場の近くにある出雲大社大阪分院に何とかお参りしてきました

・今週の御朱印:神應寺(八幡市)、桃山天満宮、乃木神社、山城ゑびす神社(京都市)
・今週の「虹のようなもの」:5/356(内がさ)♪

○主な出来事:
5/1(水・祝) 33回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-16d354.html
5/5(日・祝) ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「最強の走り方」秋本真吾著(徳間書店)
・「つま先からの着地」と「まっすぐな姿勢を保つこと」・・・この2つを意識するようになると、自分の走りが変わってきた。
・なわとびは「まっすぐな姿勢を保つ」と「足の腱を使う」という、走るうえでのポイントを無意識のうちに高められる“最強のトレーニング”。
・腱の使い方を覚えるためのトレーニング:「前進ジャンプ」

○これから一週間弱の予定:
5/8() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
5/9() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
5/9() MCEI大阪支部 20195月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
5/12() ライフ親子グランド・ゴルフ大会(大阪・枚方)

2019年5月 5日 (日)

2019年の4月

♪このひと月・・・新元号が「令和」に決定するとともに、大阪では府知事・大阪市長のダブル選挙。新しい時代を素晴らしいものにしていきたいものです。


◆個人的には:
先月は、「骨盤前傾」(「腰のかゞまざるやうに」)についてを話題としました。実際に、昨年末から生活全般において「骨盤前傾」を意識する生活を心がけるようになりました。
(私の場合は、あくまでも速く歩くことを目的としたものですが、腰痛の防止や体幹部の老化予防にも有効であると捉えています)
これは、『五輪書』を読み直すうちに、水の巻第二条「兵法の身なりの事」の「身のかゝり」(立位姿勢)に、「腰のかゞまざるやうに」の記述があること及びその効用に改めて気が付いたことによるものでした。
さらに、「身のかゝり」の節には、「少しおとがひ(頤(=顎))を出す心なり」の記述もあることは、以前より知っていて多少は心がけてはいたのですが、4月に入った頃からは、この部分の重要性も再認識するようになりました。
ということで、今月の話題は「少し顎を出す心」についてです。
○顎を前に出すか後に引くか、ということに関しては、カンペルライン(平面)とフランクフルトライン(平面)を基準に考えることで、解りやすくなるのではと思います。
両者は歯科における咬合学の用語で、カンペルライン(平面)は鼻の下と両耳の穴を結ぶライン(このラインで囲まれた平面)で、フランクフルトライン(平面)は目の下と両耳の穴を結ぶライン(このラインで囲まれた平面)のことです(正確な定義は少し異なるようですが、概ねこのように解釈して間違いなさそうです)。(※1、※2
これらのライン(平面)は、顔の角度の表し方に使われており、例えば「カンペルライン(平面)を水平にする」もしくは「カンペルライン(平面)で見る(構える)」のように使われています。
○武蔵が『五輪書』で「少し顎を出す心」と記述しているのは、「カンペルライン(平面)を水平にする」ことと捉えられます。
○「カンペルライン(平面)を水平にする」ことのメリットは、以下の2点があるようです。(※2
①眼球の動きがスムーズになり平衡感覚(水平感覚)が崩れにくくなる

②首~胸の筋肉(主に胸鎖乳突筋)の緊張が緩和される
主に②に由来することとなるのかもしれませんが、「カンペルライン(平面)を水平にする」ことによって「骨盤前傾」と同様に、重心が前方に移動しやすい状況を作ることができるのではないかと捉えています。
ただし、「骨盤前傾」と同様に、足の指を曲げる(MTP関節を屈曲する)ことをしなければ、腰を反らせて重心を後ろにずらすか、股関節を内旋させてブレーキをかけることによって、前につんのめることを防ぐことになるように思います。
すなわち、「骨盤前傾」と同様に、「安定した状態でカンペルライン(平面)を水平にするためには、足の指を曲げる(MTP関節を屈曲する)必要があるのでは?」と思っています。(「骨盤前傾」と同様、仮説の段階です)
○いずれにしても「カンペルライン(平面)」は、そもそもが咬合学の用語であることから、それが定義している顔の角度自体は重心の前方移動と無関係であり、「カンペルライン(平面)」周辺で気持ちのいいポジションを見つければいいように思われます。
この自分なりの気持ちのいいポジションをとることが即ち「少し顎を出す心」につながるものと捉えています。
「骨盤前傾」(「腰のかゞまざるやうに」)と同様に、足の指を曲げる(MTP関節を屈曲する)ことの効用の検証が進むことを期待したいと思います。
1:「趾でカラダが変わる」(中村考宏著、日貿出版社、2013
2:「トップアスリートに伝授した 怪我をしない体と心の使いかた」(小田伸午・小山田良治・本屋敷俊介著、創元社、2016

4月のイベントへの参加は以下の5件でした♪
暖かくなって、様々なスポーツイベントが動き出しました。
4/10() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
4/11() MCEI大阪支部 20194月度 定例会(大阪)

http://www.mcei-osk.gr.jp/category/1284088.html
4/14() 大阪陸上競技協会 審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)

4/17() 枚方市スポーツ推進委員会 事業委員会(大阪・枚方)

4/21() 21回近畿マスターズ陸上合同研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)

4月のノルディック・ウォーキングのイベントは4件でした。
ようやく枚方市ノルディック・ウォーク講座の担当再開しました。気持ちのよい気候のもと、5月も楽しんで歩いていきたいと思います。
4/7() ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)
4/9()11()25() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

◆今月のことば:「動作の本質を改善させるには、動きの中心(回転軸)を整える必要があります。従来の鍼灸では「動きの中心」に着眼した形跡がありません。しかし、武術やスポーツの世界では常識的な発想です。こちらの分野に立ってツボを分析すると、人体が動作時に無意識に作り出す動きの中心にツボが深く関わっていることがわかります。」(
栗原誠著「ツボがある本当の意味」(BABジャパン)より


5月の予定:
5/1(水・祝) 33回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマーフィールド長居)(済)
5/5(日・祝) ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)
5/8() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
5/9()14 ()16()23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
5/9() MCEI大阪支部 20195月度 定例会(大阪)

http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
5/12() ライフ親子グランド・ゴルフ大会(大阪・枚方)

2019年5月 3日 (金)

第33回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告)

昨日(5/1)、ヤンマーフィールド長居(長居第2陸上競技場)で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:記録291288M55クラス1位)。
ラップ:537”-553”-549”-559”-555”。
注意:ロスオブコンタクト1(警告なし)。

昨年10月の国際ゴールドマスターズ以来の試合です。試合後の振り返りでは「しばらくは20kmを歩けるように身体を作っていきたい」と書いたのですが、それ以降実際に意識したのは①「骨盤前傾」と②「
カンペル平面を水平にする」こと、そして①②を実現するための③「足趾MTP関節(中足趾節関節)の屈曲と伸展」。
昨年12月頃より、これら①~③を、昨年課題とした④「肩甲骨の可動域を広げる」こととともに、意識して練習していました。
上記した①~④を意識するようになってからちょうど半年が経過した状況ではありますが、目標は国際ゴールドマスターズと同じ①一周212”で行けるところまで行く②1000mの全てのラップを5分台にする、に設定しました。

200m
60”とちょっと速かったのですが、あまり気にせず400m206”と自然に落ちたまま続けます。1000m537”でほぼ1220”ペースに落ちましたが、しばらくはほぼこのペーズで歩けました。
3100m
付近(多分?)でロスオブコンタクトの注意(結局注意はこれのみで警告にもならず)がありましたが、気にせず歩き続けました。
毎年急激に暑くなる季節に大阪選手権は開催されるのですが、今年は開催時期が少し早めであったこともあって気温が17℃前後で涼しく、また雨で集中力も維持できたこともあって、最後まで気持ちよく歩けました。
終わってみれば、2年前の大会記録に0.8秒及ばなかったとは言え、その時以来の2910秒台。目標の①は1周半くらいしか維持できませんでしたが、②は何とかクリア。
前記した①~④の意識が功を奏したのかどうかは、まだ確定できない状況ではありますが、検証するためにもこれからも意識して歩き続けたいと思っています。

これからの予定:近畿選手権(6/303000mW)、その後は9/13の全日本選手権(5000mW)、まずは近畿選手権で効果の程を試してみたいと思っています。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30