無料ブログはココログ
フォト

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

第35回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告)

 

 

本日(6/30)、ならでんフィールド(奈良市鴻ノ池陸上競技場)で開催された標記大会の3000mWに出場してきました。
結果:記録174985M55クラス1位)。
ラップ:537”-601”-612
注意:
ロスオブコンタクト1(⇒警告1

33回大阪マスターズ陸上競技選手権大会の後、引き続き
①「骨盤前傾」②「カンペル平面を水平にする」③「足趾MTP関節(中足趾節関節)の屈曲と伸展」を意識して練習してきました。ただし、②については、途中より「下顎を前に出す」ことに修正しました。ただし、涼しくて気持ちよく歩けた大阪選手権と異なり、4日前に梅雨入りした後、気温湿度ともにじわじわと上昇し、特に高湿度が応えたのか、頭の痛い日々が続いていました。加えて予報では当日は終日雨・・・モチベーションが上がらない状況で当日を迎えました。
朝起きて予報を確認すると10時頃までは何とかお天気が持ちそうとのことで、気を取り直して目標を530”-545”-54517分に設定してスタートしました。

200m
63”といい感じだったのですが、400m210”と早くもペースが落ち始め、1000mは何とか530秒台をキープしたものの、この頃からお腹が気持ち悪くなり、少し吐き気を催すようになりました(私にとっては典型的な熱中症のパターン・・・)。1200m付近で注意を受けたことからも、身体が思うように動いてくれなかったのですが、何とか脳をだましだまし最後まで歩きました(気が付けば、記録は手元のストップウォッチと100分の1秒まで同じタイム・・・狙ってできるものではないので、何となく気持ちが晴れました♪)。
目標からは1分近くも遅かったのですが、暑熱馴化ができていない時は例年このような感じなので、これからも気にせず①~③(②は「
下顎を前に出す」)を意識し続けます。

これからの予定:今のところエントリーしているのは9/13の全日本選手権(5000mW)のみですが、できればそれまでにあと1回ぐらいは歩きたいと思っています。

2019年6月25日 (火)

吉本興業、闇営業問題で宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

吉本興業は「闇営業」というネガティブな表現を用いているが、「闇営業」とは本来的には「反社会的勢力」(反社)と結びついた言葉ではなく、副業禁止規定を含んだ契約に対する違反行為であるということに過ぎない。

 

そして、副業禁止規定は、政府が推進している「働き方改革」における多様な働き方のひとつとしての副業解禁の動きに反するものだと私には解釈される。

 

吉本興業によるとコンプライアンス研修等を実施していたとのことだが、副業を禁止するのではなく、副業の際には反社条項を含んだ契約を締結すべきことなどを周知していれば、社員のコンプライアンス意識は向上したのではないかと私には思われて、残念でならない。

 

もちろん、それでも全ての反社を排除できないかもしれないが、問題が発生したとしても、契約違反の被害者としての立場となり、コンプライアンス違反を指摘されるリスクは軽減されるように思える。

 

むしろ、副業を禁止したことで、証拠として残る契約を締結しない動機が発生してしまったことが、今回の問題のポイントと私は考える。

 

実は、上記したことは、一般のサラリーマンを含めて、営利非営利を問わず心すべきことであり、他人事ではないことを改めて感じている。

 

https://www.sankei.com/entertainments/news/190624/ent1906240002-n1.html

2019年6月24日 (月)

この一週間(6/17~6/23)

◆世間では:【八村塁、日本人初NBA1巡目指名】本当に時代が変わったとしか言いようがないように思います。

◆個人的には:余裕ができたので、以前にお世話になった、水無瀬~山崎周辺の寺社にお詣りしてきました♪(椎尾神社と山崎聖天は御朱印なしです)

・今週の御朱印:水無瀬神宮(大阪府三島郡島本町)、離宮八幡宮、酒解神社(摂社)、大念寺、宝積寺、宝積寺(大黒天)(京都府乙訓郡大山崎町)
・今週の「虹のようなもの」:6/18(内がさ)♪

○主な出来事:
6/20() MCEI大阪支部 第9回水口ゼミナール(大阪)

○本:「間違いだらけ!日本人のストレッチ」森本貴義、大貫崇著(ワニブックスPLUS新書)
・一流のパフォーマンスを発揮するには、体の柔軟性はあまり貢献しません。“自由度”に加えて大切なのは体の連動性です。
・「柔軟性が高い=可動性が高い」わけではない。
・ストレッチをする大切な意味は、体を柔らかくすることだけではなく、自分のいまの体の状態と向き合い、気づきを得ること。
・股関節を安定させるために最も必要なことは大殿筋、中殿筋などの殿筋群を意識的に使えるようになること。
・体の動きと心の動きはつながっていると言われています。体の“自由度”・・・が広がれば、心もその自由度を手に入れることができます。
・心と体は常に会話をしているのです。心に変化を求めるのであれば、体を動かすことが必要なのです。
・呼吸のうち、「吸う」という行為は交感神経とつながっています。一方の「吐く」という行為は副交感神経とつながっています。だから吐くほうに重きを置けば、副交感神経優位になり、心が落ち着く。

○これから一週間の予定:
6/24() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
6/30() 34回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(奈良・ならでんフィールド(鴻ノ池陸上競技場))

2019年6月16日 (日)

この一週間(6/10~6/16)

◆世間では:【安倍首相イラン訪問】【日本のタンカー攻撃】の一方で【麻生氏金融庁報告書不受理】と思いきや・・・

◆個人的には:まさかの大阪で警官襲撃・・・とりあえずは様子を伺うしかないのですが。。。

・今週の御朱印:野見神社(高槻市)、本住吉神社、弓弦羽神社、六甲八幡神社(神戸市)
・今週の「虹のようなもの」:6/14(内がさ)♪

○主な出来事:
6/16() 11回南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・服部緑地陸上競技場)

○本:「魔法をかける編集」藤本智士著(インプレス)
・あたらしい何かを作ろうというとき、実のところ一番大変なのはすでに出来上がったものを壊すこと。
・目先の数値に惑うことなく、遠い未来のビジョンを持ち、そこに謙虚に立ち向かい続けられる人こそが編集者。
・「編集」とは、理想とする「ビジョン」を、多様な「メディア」を活用して実現させようとするために手段であり、「編集者」とは、その使い手である。
・あたらしい物事を世の中に提案するときは、あたらしい言葉が必要。
・僕にとっての編集の醍醐味は、著名な人をディレクションすることではなく、まだ世間のみなさんはご存知ないであろうスペシャルを、多くの人にお届けすること。
・「もっともインパクトがある瞬間っていうのは、こんなものがあったらいいなって思ってたものが、目の前にあったときや。」

○これから一週間の予定:
6/20() MCEI大阪支部 第9回水口ゼミナール(大阪)

2019年6月10日 (月)

この一週間(6/3~6/9)

◆世間では:【サニブラウン日本新記録9秒97】素晴らしい記録です。まだまだ、他の選手も含めて、記録は塗り替えられることが期待されます♪

◆個人的には:ニューバランスのランニングシューズに続いてウォーキングシューズも買ってしまいました♪ジーンズも新調し、家族からは「若作り?」と思われている今日この頃です。

・今週の御朱印:添御県坐神社(奈良市)
・今週の「虹のようなもの」:6/349(内がさ)♪

○主な出来事:
6/6() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
6/6() MCEI大阪支部 20196月度 定例会(大阪)

○本:「日本人の勝算」デービッド・アトキンソン著(東洋経済新報社)
・通貨量をきちんと増やしながら、賃上げを継続していく。それができれば、総需要は縮小せず、モノとサービスの均衡が回復して、インフレを実現することも可能です。このパラダイムシフトは、デフレ圧力を吸収し、日本経済を活性化します。
・日本では、政府がお題目のように女性活躍を掲げてはいますが、国家公務員の女性比率は他国に比べて非常に低水準です。これでは有言不実行と言われてしまってもしかたがないでしょう。
・現在、欧州を中心に、生産性を向上させる効果がもっとも期待され、実施されている経済政策は、継続的な最低賃金の引き上げです。最低賃金と生産性の間に、強い相関関係が認められるからです(相関係数は0.84)。
・海外でも日本でも、最低賃金で働いているもっとも多くの労働者は女性です。つまり女性活躍にもっとも大事な政策が、実は最低賃金の引き上げなのです。
・イギリス政府の分析によると、技術革新はイノベーションを起こし、生産性向上をもたらす最重要の要素ではありません。いちばん重要なのは、実はEntrepreneurismです。
・本の「人手不足」はあくまでも、「人を安く使うという今までの経済システムを維持したい」という前提のもとで、日本人の数が減るから人が足りなくなると言っているだけです。平凡な固定観念に囚われている考え方で、ある意味で幼稚で馬鹿げた理屈です。

○これから一週間の予定:
6/16() 11回南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・服部緑地陸上競技場)

2019年6月 3日 (月)

2019年の5月

♪このひと月・・・ファーウェイ排除、トランプ米大統領来日、川崎の痛ましい事件・・・あまりいいことがなかったように感じますが、せめてもの救いは、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産くらいでしょうか。
そのような中、東京五輪・パラの聖火リレーのルートの概要が発表されました。できれば聖火ランナーとして走ってみたいものですね。

◆個人的には:聖火ランナーの前に・・・「骨盤前傾」(「腰のかゞまざるやうに」)のために、どのように足の指を曲げる(MTP関節を屈曲する)のが効果的かの我が身(足の指)を使った実験はまだまだ続いています。が・・・
まずは、お詫びしなければなりません。。。
先月、「武蔵が『五輪書』で「少し顎を出す心」と記述しているのは、「カンペルライン(平面)を水平にする」ことと捉えられます」と書きましたが、訂正いたします。
理由は、武蔵の肖像画(島田美術館所蔵、※1)では、カンペルライン(平面)を水平にしているように描かれていないからです。
(「カンペルライン(平面)を水平にする」ことで、首~胸の前側の緊張緩和には効果がありそうなのですが、後側では何となく緊張を惹起してしまっているように感じられたこともあります。)
すなわち、「少し顎を出す心」は、顎を上げてカンペルライン(平面)を水平にすることではなく、顎(主に下顎)を少しだけ前に突き出すことによって、首~胸の筋肉(主に胸鎖乳突筋)の緊張を緩和させるものと捉え直させていただきます。
実際に、武蔵の肖像画では、下顎を少し前に突き出しているように見えなくもありません。
(武蔵の言動が全てではなく、また、「眼球の動き」に関しては、カンペルライン(平面)を水平にすることで効果がある可能性が高いのですが、ここでは、武蔵の残したものに対する考察として進めさせていただきます)
また、先月は、「骨盤前傾」と同様に、「安定した状態でカンペルライン(平面)を水平にするためには、足の指を曲げる(MTP関節を屈曲する)必要があるのでは?」と書きましたが、同様にこの部分も以下の内容に訂正いたします。
⇒「骨盤前傾」と同様に、安定した状態で「顎(主に下顎)を少しだけ前に突き出す」ためには、足の指を曲げる(MTP関節を屈曲する)必要があるのでは?

そして、このことが、『五輪書』水の巻第二条「兵法の身なりの事」の「身のかゝり」(立位姿勢)の一節における、武蔵の最も重要なメッセージであると私は捉えているのですが、具体的にどうすれば安定して「骨盤前傾」と「顎(主に下顎)を少しだけ前に突き出す」状態が得られるのか?に関して、実は武蔵自身がマニュアルとでも言えるほどの丁寧さで記述してくれていると(私には)解釈できる一文があります。それを今月の話題としたいと思います。

その一文とは、『五輪書』水の巻第二十五条「たけくらべといふ事」。(⇒原文と訳文は※2参照)
この「「たけくらべといふ事」の一節は、一般には「自分を大きく見せて敵を威圧することが重要」と解釈されているようなのですが、ここでは「骨盤前傾」と「顎(主に下顎)を少しだけ前に突き出す」状態との関連で、「たけくらべ」をする際の具体的な動作を今一度振り返ってみたいと思います。
「たけくらべ」では、①つま先立ち、②胸を張って、③骨盤を前傾させ、④首を伸ばす(=下顎を少し前に出す)、という一連の動作を極めて短時間に実施することと捉えられます。
そして、⑤つま先立ちから踵を下ろす(この時、一旦膝を少し曲げた後、②~④を意識しながらゆっくりと膝を伸ばした方が、より以下の状態の感覚が得られやすいと私は感じています)と、自然と
・足の指を曲げて(MTP関節を屈曲して)「骨盤前傾」と「顎(主に下顎)を少しだけ前に突き出す」ことが実現された状態
が得られるものと推測します。
この状態は、武蔵にとっては「敵を打つ」準備姿勢(レディポジションやパワーポジションと表現されている状態であると捉えています)の感覚なのでしょう。
尤も、我々は常日頃「敵を打つ」準備姿勢をとる必要はない訳ですが、この準備姿勢は、単に「敵を打つ」ことのみならず、歩くことや走ることにも適用可能であるものと捉えています。

上記したように、①~⑤を実施することによって、安定して「骨盤前傾」と「顎(主に下顎)を少しだけ前に突き出す」状態(=レディポジション)が得られるものと考えています。
そして、そのような状態が得られることで、腰痛防止、歩行速度向上、前向きな気持ちが実現されるように、私は感じています。
朝、洗面などで鏡に向かう時に、鏡に向かって「たけくらべ」(①~⑤)してみることで、レディポジションを得て、前向きな気持ちで一日が始められるような気がしています。

※1島田美術館のホームページ参照:http://shimada-museum.net/musashi.html
※2『五輪書』(全訳注鎌田茂雄)、講談社学術文庫、p.138
・原文:たけくらべといふは、いづれにても敵へ入込む時、我身のちゞまざるやうにして、足をものべ、こしをものべ、くびをものべて、つよく入り、敵のかほとかほとならべ、身のたけをくらぶるに、くらべかつと思ふほど、たけ高くなつて、強く入る所、肝心也。能々工夫有るべし。
・訳文:たけくらべというのは、どんな場合でも敵に身をよせるとき、わが身がちぢまないようにして、足も、腰を、くびも十分に伸ばし、敵の顔と自分の顔をならべ、背たけをくらべれば、自分の方が勝つと思うほどに、身を十分伸ばし、つよく寄ることが肝心である。よくよく工夫しなければならぬ。

◆5月のイベントへの参加は以下の5件でした♪
マスターズ陸上がシーズンインしたことに加えて、5月は枚方市のイベントの月でした。
・5/1(水・祝) 第33回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマーフィールド長居)(済)
・5/8(水) 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
・5/9(木) MCEI大阪支部 2019年5月度 定例会(大阪)
・5/12(日) ライフ親子グランド・ゴルフ大会(大阪・枚方)
・5/30(木) 枚方市スポーツ推進委員会 事業委員会(大阪・枚方)

◆5月のノルディック・ウォーキングのイベントは5件でした。
お天気に恵まれて、気持ちよく歩けました。
・5/5(日・祝) ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)
・5/9(木)、14 (火)、16(木)、23(木) 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

◆今月のことば:「「お金を生む仕組み」をつくること。それが、私が考える、資本家のいちばん大事な仕事だ。」(三戸政和著「資本家マインドセット」(幻冬舎)より)

◆6月の予定:
・6/2(日) ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)(済)
・6/6(木)、18(火) 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
・6/6(木) MCEI大阪支部 2019年6月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
・6/16(日) 第11回南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・服部緑地陸上競技場)
・6/20(木) MCEI大阪支部 第9回水口ゼミナール(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/category/2088636.html
・6/30(日) 第34回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(奈良・ならでんフィールド(鴻ノ池陸上競技場))

この一週間(5/27~6/2)

◆世間では:【川崎殺傷事件】ここまできたら、路上における殺傷能力のある刃物の所持を禁止するしか対処策はないのでしょうか。。。

◆個人的には:東京五輪・パラリンピックの聖火リレーのルート決定・・・聖火ランナー応募してみようか♪

・今週の御朱印:堀越神社(天王寺区)
・今週の「虹のようなもの」:5/27(内がさ&パリーアーク&環水平アーク)♪

○主な出来事:
5/30() 枚方市スポーツ推進委員会 事業委員会(大阪・枚方)
6/2() ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「直感と論理をつなぐ思考法」佐宗邦威著(ダイヤモンド社)
・自分の「妄想」をかたちにすることに夢中になっていると、ときおり時代の大波がやってきて、突然現れた「マジックトランポリン」によって一気に高く飛躍できたりすることがある。
・ビジョン思考を習慣化するうえで何よりも大切なのは、そのための「余白」を人為的につくること。
・なぜ、日本では地位の低い「妄想」が、世界のエリートと言われる人たちのあいだでは、ここまで高く評価されているのだろうか?端的に言えば、彼らは「本当に価値あるものは、妄想からしか生まれない」ということを経験的に知っているからである。
・「『単純化しないと理解できない』なんて誰が決めたの?複雑なものを複雑なまま吸収し、自分の理解をつくっていく――そんなことは赤ちゃんだってやっているのに」(佐山弘樹氏)
・「あたりまえ」を洗い出し、そこにある「違和感」を探ったら、最後にやるべきは「あまのじゃく」スイッチを入れることだ。書き出したすべての「常識」について、機械的に「その常識の“裏”は何か?」を考えてみる。
・これからの時代に本当に必要なのは、むしろ変化にあまりとらわれずに、これを「受け流す」力ではないかと思う。
・成功するプロジェクトとそうでないプロジェクトの違いは、そこに「妄想」を持った人がいるかどうかでしかない。

○これから一週間の予定:
6/6() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
6/6() MCEI大阪支部 20196月度 定例会(大阪)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31