無料ブログはココログ
フォト

« 【所感】外相、韓国大使に抗議 元徴用工問題「極めて無礼」 | トップページ | この一週間(7/22~7/28) »

2019年7月21日 (日)

この一週間弱(7/16~7/21)

◆世間では:ジャニーズ、吉本興業、京都アニメーション・・・これで十分気が滅入ってしまうのに、元徴用工問題にしても輸出管理にしても全然進展していません。。。
小池選手の9秒台が唯一の救いです♭

◆個人的には:ようやく髪の毛切りました♪蒸し暑くて仕方ありません。。。

・今週の御朱印:なしです(秋篠寺は御朱印なしでした・・・)
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(7/16)、上部タンジェントアーク(7/17

○主な出来事:
7/18() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である」クリスティーン・ポラス著、夏目大訳(東洋経済新報社)
・意志の力だけで無礼を「乗り越える」ことは不可能だ・・・無礼さは、本人も気づかないうちに注意力を奪い、頭のはたらきに影響を与えてしまう。
・無礼な態度を取られると、人の心はジェットコースターに乗り恐怖を味わった時のようなストレスにさらされる。ストレスは認知能力の低下を招く。そして時に身体の健康までも損なうことがある。理不尽な扱いを受けると、その前とは別人になってしまうとも言える。持っているはずの力を発揮できなくなる。
・無礼な態度を軽く見てはいけない。ほんのちょっとした言葉、態度が重大な影響をおよぼすことがある。しかも、特定の個人だけでなく、組織全体に影響がおよぶことも多い。
・目的のためではなく、ただ互いを尊重し、良識を守るようにする。それが礼節ある言動につながる。
・無礼な言動の悪影響は短時間のうちに広がるし、影響はその言動のあとも長く残ることになる。しかし、礼儀正しい言動にも同じことが言える。
・「温かさ」と「有能さ」の2つが、他人に与える印象を大きく左右する。この2つがほぼすべてと言ってもいい。

○これから一週間の予定:
7/23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

« 【所感】外相、韓国大使に抗議 元徴用工問題「極めて無礼」 | トップページ | この一週間(7/22~7/28) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【所感】外相、韓国大使に抗議 元徴用工問題「極めて無礼」 | トップページ | この一週間(7/22~7/28) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30