無料ブログはココログ
フォト

« この一週間弱(9/24~9/29) | トップページ | この一週間(9/30~10/6) »

2019年10月 6日 (日)

2019年の9月

♪このひと月・・・【ラグビーW杯】開幕しました。それほど盛り上がっているようには思えなかったのですが、いざ始まってみると、開幕戦で日本が勝利した上にアイルランドに大金星ということもあってものすごい盛り上がりようです♪
世界陸上では競歩で初の金メダルを獲得するし、阪神タイガースは6連勝でCSに進出するし、様々な話題が溢れたスポーツの秋といった感じです。

◆個人的には:全日本マスターズ、今年は残念ながら2位でした。。。来年はM55クラス最後の年なので、しばらくは楽しんで歩いていきたいと思います♪
ところで、先月は「アニメーション」を話題とし、先々月の「アンクルロッカー」から話が進んでいないのですが、今月は「足のはこびやう」に戻って、「COG」を話題としたいと思います。
COG
とは、center of gravity、即ち「身体重心」のこと。
普段の生活の中では特に意識することはないのかもしれませんが、前に進むためにはこのCOGを前に持ってくる必要があります(後ろに進むためには後ろに)。
一方で、真っ直ぐ立っていたいのにCOGが前にあり過ぎると前に(後ろにあり過ぎると後ろに)倒れてしまいます。
前とか後ろとか書きましたが(左右でも同様ですが)、何に対してかと言えば、「支持基底面」の「安定性限界」に対してです。

ここで、
「支持基底面」とは「身体を支持するための基準となる底の面」で、具体的には「身体やそれを支える杖などが床面と接している部分を囲んだ領域」
「安定性限界」とは「バランスを崩すことなく、身体重心を支持基底面の中央から離すことのできる限界域」
と定義されています。
要するに、前に進むためには、COGを「安定性限界」より前に持ってくる必要があり、そのために脚を上げて前に持っていくということです。
そして、その際に、よりスムーズに前に進むためにヒールロッカーやアンクルロッカーの「ロッカーファンクション」がある訳ですが、骨盤前傾=「胸部及び腹部を前方に出すこと」によって、COGは自然と前方に移動することから、ヒールロッカーやアンクルロッカーがより効果的に機能するものと捉えています。
即ち、骨盤前傾によって前に進みやすくなるということですが、一方で、骨盤前傾に関しては、以前に以下の内容を書きました。
「足の指(MTP関節)を曲げた状態で骨盤を前傾させると、前方に移動する重心を足の指が支えてくれることによって、安定した状態で立てることがわかりました。」
これについてもCOGをもとに説明的に言い換えると、以下のようになります。
「静止した立位姿勢では、足の指が伸びた状態では、安定性限界が足底の後ろ側に偏り、骨盤前傾により前方移動したCOGが安定性限界を外れるため、前方にブレーキをかけたり、腰を反らしたりして、COGを後方に移動して安定性限界内に留めようとする。一方で、骨盤前傾の際に、足の指を曲げた状態とすることで、安定性限界は前方の足の指の部分まで広がり、その結果、骨盤前傾により前方移動したCOGを安定性限界内に留めることが可能となり、骨盤前傾の姿勢が安定化される。」
以上、あくまでも私の推測ではありますが、「足の指を曲げた状態(MTP関節屈曲)とすることで、骨盤前傾で前方移動するCOGを安定性限界内に留めることによって、骨盤前傾の姿勢が安定して得られる」と考えています。
また、この状態において、これまで何度も書いてきた『五輪書』水の巻「足のはこびやう」の「つまさきを少しうけて」(遊脚=MTP関節伸展)と「きびすを強くふむべし」(支持脚=MTP関節屈曲)が実現可能と考えており、これによっても骨盤前傾の効用があるものと考えています。
なお、足部や膝等にトラブルがあって骨盤前傾の際に足の指をスムーズに曲げることができない場合は、杖(私の場合は主にノルディック・ウォーキング用のウォーキング・ポール)をつくことで安定性限界を前方に広げることによって、骨盤前傾の姿勢が安定して得られることができます。
以上、今月はCOPの考えをもとにして、「足の指を曲げること(MTP関節屈曲)によって、前方移動するCOGを安定性限界内に留めることで、骨盤前傾の姿勢が安定して得られる」ことを改めてまとめてみました。
参考:https://physioapproach.com/blog-entry-492.html
https://kokansetsu-itami.com/undougaku/3700/

9月のイベントへの参加は以下の2件でした♪
この他にも小さな会議はありましたが、全日本マスターズがあったので今月も陸上競技が中心となりました。
9/13() 40回記念国際・全日本マスターズ陸上競技選手権(正田醤油スタジアム群馬)
http://app.f.cocolog-nifty.com/cms/blogs/1268618/entries/126510890
9/21() 令和元年度大阪スポーツ賞贈呈式(大阪)

9月のノルディック・ウォーキングのイベントは3件でした。
涼しくなってきたので(10月に入って、また暑さがぶり返していますが・・・)気持ちよく歩くことができました。
9/1() ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)
9/10()24() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

◆今月のことば:「あなたが最後に魂の動く音を聞いたのは、いつのことだろう?」(前田育男著「デザインが日本を変える」(光文社新書)より)

10月の予定:
10/6() ノルディック・ウォーク&八軒家浜市(大阪・天満橋)
10/8()17()22() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
10/10() MCEI大阪支部 20198月度 定例会(大阪)
10/13() 68回大阪マスターズ記録会兼府民スポレク(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://omaa.jp/topics/2019/10/68.html

« この一週間弱(9/24~9/29) | トップページ | この一週間(9/30~10/6) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一週間弱(9/24~9/29) | トップページ | この一週間(9/30~10/6) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31