無料ブログはココログ
フォト

« 2020年の1月 | トップページ | この二週間(2/17~3/1) »

2020年2月18日 (火)

この二週間(2/3~2/16)

◆世間では:【新型肺炎感染拡大】沈静化するどころかますます拡大しています。。。最大限の対応をすべきなのか、気にし過ぎることは逆効果なのか・・・ただ言えることは、これを機会にいろいろと根本に戻って考えてみる必要があることだと思います。

◆個人的には:「宮本武蔵『五輪書』「身のかゝり」考」、『ウォーキング研究』に掲載されました♪でも、それ以外は、諸事多忙で物事が回らない状況で、本も思うように読めていないのですが。。。
・今週の御朱印:この二週間もなしでした。。。
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(2/7

○主な出来事:
2/4() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
2/9() 大阪マスターズ陸上競技連盟・総会(大阪)
2/11(火・祝) 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「「うつ」は炎症で起きる」エドワード・ブルモア著、藤井良江訳(草思社)(つづき)
・もし、デカルトの二元論が通常の科学理論なら、彼の言う松果体の役割と実際の役割との食い違いのせいで、とっくの昔にきっぱり否定されていただろう。しかし、二元論は科学理論ではなくむしろ観念――イデオロギーとさえ言えるかもしれない――として力強く生き残った。
・○○のような患者の血中のサイトカインやその他の炎症性タンパク質の濃度は、通常よりはるかに高い。関節だけでなく、全身が炎症を起こしているのだ。そして、全身ということは脳も含まれる。
・振り返ってよく考えてみると、プロザックの登場とは、抗うつ薬の黄金時代の夜明けではなく、日没だったのだ。・・・1990年頃から、うつ病やその他の精神疾患のための薬物療法や心理学的な治療法に、これといった新たな進展はない。これは繰り返し訴えたいことだ。
・富裕国のGDPのおよそ3パーセントという経済コストを占めるのは、がんでも心臓病でもリウマチ性関節炎でも結核でも、その他の身体的疾患でもない。それは主にうつ病などの精神的疾患なのだ。

○これから一週間の予定:
特になしです。

« 2020年の1月 | トップページ | この二週間(2/17~3/1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年の1月 | トップページ | この二週間(2/17~3/1) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31