無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(5/11~5/17) | トップページ | この一週間(5/25~5/31) »

2020年5月24日 (日)

この一週間(5/18~5/24)

◆世間では:【米政府、中国33企業・機関を禁輸対象に指定】中共の企業が利益を得ることは、中共の国力を増強させることにつながり、米国にとって(我が国にとっても)安全保障上重大な問題であることに、今更ながら気がついたということでしょうか。。。
ここまで中共をつけあがらせてしまったことに、我が国も猛省しなければならないですね。

◆個人的には:今更ながらInstagram始めました・・・また、ようやくZoomの使い方がわかるようになりました。。。
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(5/1822)、上部タンジェントアーク(5/23)。

○主な出来事:

特になし。

○本:「サガレン」梯久美子著(角川書店)
・見知らぬ土地で偶然に出会うさまざまなものたち――植物や動物、ふれあった人々そしてときには空の色や空気の感触まで――に、つかのまであれ救われ、力をもらうのが旅というものだ。
・静止/移動という軸で見たとき、移動する文学としての賢治の魅力が浮かび上がってくる。・・・移動のベクトルは、水平(地理的な移動)だけではなく、垂直(時間的な移動)もある。心の中で過去と現在を往還しつつ、身体は“ここ”から“別のどこか”へへと運ばれていく。
・詩であれ童話であれ、賢治の作品には、伏流水のように、何か暗いものが流れている気配がある。それは、透明であるがゆえに濁流よりもかえって暗い流れだ。
・ミツーリからチェーホフまで二十年。チェーホフから賢治までは三十三年。ときを隔ててはいても、同じ土を踏むことで、異郷を旅する者たちは縁を結ぶ。賢治がミツーリと時をこえてもし出会うことができたなら、何を語り合っただろうか。
・そして、「大きな勇気を出してすべてのいきもののほんたうの幸福をさがさなければいけない」という言葉。これは、「宗谷挽歌」の「みんなのほうたうの幸福を求めてなら/私たちはこのまゝこのまっくらな/海に封ぜられても悔いてはいけない」という部分を思い起こさせ、さらに、このあと書かれることになる『銀河鉄道の夜』の、「僕もうあんな大きな暗(やみ)の中だってこはくない。きっとみんなのほんたうのさいはひをさがしに行く。どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行かう。」というジョバンニの言葉につながっていく。

○これから一週間の予定:
特になし。

« この一週間(5/11~5/17) | トップページ | この一週間(5/25~5/31) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一週間(5/11~5/17) | トップページ | この一週間(5/25~5/31) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31