無料ブログはココログ
フォト

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月30日 (日)

この一週間(8/24~8/30)

◆世間では:【安倍晋三首相辞意表明】いろいろと囁かれてはいましたが、正直言ってショックです・・・さて、中共は、どのような出方をしてくるでしょうか。。。

◆個人的には:いつの間にか忙しくなってきました・・・ダウンしないように気を付けないと。。。
・今週の御朱印:一乗寺(大阪府枚方市)(書き置き)
・今週の「虹のようなもの」:彩雲(8/27)。

○主な出来事:
特になし。

○本:「運動神経の科学」小林寛道著(講談社現代新書)(再読)
・スポーツでよい成績をおさめようとするならば、まず、合理的な身体動作を身に付けることが大切・・・そうした正しい動作を身に付けるためには、脳を含めた運動に関する神経支配、すなわち「運動神経」の働きを高めることがきわめて重要な鍵。
・身体の運動を考える場合、運動の要素を、「関節を動かす」ものと、「身体を支える」ものの二つに分けて考える必要がある。
・瞬時に全身の爆発力を発揮するには、同側型動作でなければならない。
・学習者にとって、同側型動作が難しいと感じられるのは、歩行中枢などの存在によって斜対側交差型の神経支配に強くコントロールされ、これらの神経支配を打ち破ることができないためであろう。
・運動をつかさどる神経支配のなかで、なぜ同側型動作を身につけることが有効なのであろうか。それは、動作の自由度を大きくすることができると同時に、体幹深部筋を有効に利用することができるからだ。
・体幹深部筋を働かせるためには、脚のスウィング動作に腰のスウィング動作を加えて、脚と腰を同時にスウィングさせなければならない。
・脚・腰スウィング動作は体幹深部筋(大腰筋)の活動を伴っているので、体幹深部筋を同時にトレーニングするためには、運動の回転中心軸をみぞおちの高さにするとよい。
・大腰筋を働かせたときは骨盤の動きを伴う・・・骨盤の動きを伴ったもも上げ運動は、むしろ「腰上げ運動」ととらえ、ももを上げることよりは腰を上げることに意識をもったほうがうまくいく。
・運動動作の改善とは基本的に運動神経機構の働きを改善することであり、脳をはじめとする運動神経回路の再構築をはかることにその秘訣がある。
・「運動神経とは何か」・・・「脳、脊髄、筋肉を結ぶ包括的運動神経回路である」・・・包括的運動神経回路を良い方向に活動させる大きな要素は、「意識」、「意欲」、「頭の柔軟性」であると思う。

○これから一週間の予定:
9/5() 大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・服部緑地陸上競技場)(審判)

2020年8月24日 (月)

この一週間(8/17~8/23)

◆世間では:【阪神25年ぶり巨人戦3試合連続完封負け】【藤浪692日ぶり白星】幸せな一週間だったのかもしれません。

◆個人的には:ノルディク・ウォークもリスタート、久し振りに御朱印も頂きました。少しずつですが、動き始めました。
・今週の御朱印:法樂寺(大阪市東住吉区)
・今週の「虹のようなもの」:上部タンジェントアーク(8/23)。

○主な出来事:
8/20() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
8/22() 大阪マスターズ陸上競技連盟・大会準備説明会(大阪)

○本:「高岡式 超最強の疲労回復法」高岡英夫著(カンゼン)
・胸式呼吸でも腹式呼吸でも(もちろん丹田呼吸でも)、身体の前面しか運動に参加しない呼吸は間違っていると、断言できます。
・副交感神経が優位になってくると、大腿直筋から腸腰筋に主動筋がシフトしてきます。
・寝転がって「下腿膝擦法」をやるだけで、そのインナーマッスルの代表、腸腰筋が使えてしまい、内臓の冷えや内臓の硬縮に伴う内臓疲労全般をいとも簡単に解消し、内臓機能を改善できる効果がある。
・疲労をしているときには、必ず身長が低くなる。
・加齢とは何かといった場合・・・身体の硬縮ともいい換えることができる。
・全身レベルで強疲労状態の人の場合、必ずふくらはぎも疲労しているという特徴があります。
・下腿膝擦法でふくらはぎの皮膚を意識して擦っていくと、全身の皮膚の状態が改善することがわかった。
・横隔膜も筋肉なので例外ではなく、衰えてくると硬縮してくる。
・全身疲労の一番中心を担っているのは、横隔膜の疲労であり、衰えであり、活動性の低下、筋力の衰えと硬縮だったのです。・・・では横隔膜はどのようにしたら活動性を増すことができるのか。それはずばり呼吸法に取り組むことです。
・電車の中や会議中や何かの出番を待つ間というのは、ものすごく呼吸法に集中しやすい環境。

○これから一週間の予定:
特になしです。

2020年8月17日 (月)

この一週間弱(8/11~8/16)

◆世間では:【米、中国5社排除を強化】ドイツテレコムはファーウェイ排除に反対を表明していますが、ドイツ政府の判断に注目です。

◆個人的には:暑さに慣れてきたためか、不活性になっているためか、お腹周りが少し苦しくなってきたように感じます。。。
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:彩雲(8/11)。

○主な出来事:
特になし。

○本:「米中決戦後の世界地図」渡邉哲也著(徳間書店)
・金融におけるアメリカと中国の力関係は、アメリカが圧倒的に有利である。ある意味、カジノにおけるハウス側と顧客の関係であり、中国はたんなるプレーヤーにすぎない。
・中国が自由主義経済のルールのもとで動くということは、イコール、中国バブルの崩壊である。
・旧香港出身者とその親族は、イギリス市民ではないが、大英連邦の市民として、イギリスおよび大英連邦諸国での活動を認められている人たちである。そして、そのような人は在外市民としてのパスポートが与えられている・・・パスポートを持っている以上、大英連邦の庇護下にあり、保護の対象になる。
・日本企業にとっていちばんの問題は、ソフトバンクの回線や携帯端末、各種ルーターになると思われる。ソフトバンクは現行の通信規格である4Gでファーウェイを採用しているからだ。・・・また、国内で採用されている監視カメラの多くがハイクビジョンのものであり、これを社内から徹底排除する必要も出てくると思われる。
・中国は2001年にWTOに加盟したが、その際、「数年後には完全な市場開放を行う」と約束したものの、現在もなお資本移動を規制し、完全な市場開放にいたっていない。また、2016年、中国の人民元がIMFSDRの構成通貨に採用され、ドル、ユーロ、円、ポンドに次ぐ5番目の国際通貨となったが、その前提条件として、中国は、「数年内に為替の完全な自由化と資本移動の完全な自由化を実現する」ことを約束していたが、結果として何一つ守っていないのが現状だ。
・アメリカを選ぶのか中国を選ぶのかという選択は、自由を選ぶか独裁を選ぶのかという問いでもある。
・すでにアメリカは中国のインフラ関連企業に対して、アメリカの技術を一切使わせないという方向に動きはじめた。
・中国はパリクラブ(主要債権国会合)に加盟していない。そのため、パリクラブは中国を無視して、一方的に破産国の債務整理を行うこともできる。

○これから一週間の予定:
8/20() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
8/22() 大阪マスターズ陸上競技連盟・大会準備説明会(大阪)

2020年8月11日 (火)

この一週間とちょっと(8/3~8/10)

◆世間では:【トランプ政権、香港行政長官ら11人に制裁】いよいよ始まりました。我が国も何か協力できることはないのでしょうか?

◆個人的には:昨日は、この文章をほとんど書いた後、寝落ちしてしまいました(休肝日なのに・・・)。。。暑さが応えたのかもしれません。水分補給は忘れずに。
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:彩雲(8/35)。

○主な出来事:
8/6() MCEI大阪支部 20208月度 定例会(オンライン参加)

○本:「ポスト・コロナ「新しい世界」の教科書」髙橋洋一、渡邉哲也著(徳間書店)(つづき)
2006年以来、財務省は政府の連結財務諸表を発表していますが、日銀抜きのもの。
・資本主義国陣営と、中国との間の体制間競争になったら、資本主義はすごい手をたくさん取れる。・・・たとえば、アメリカが中国の銀行へのドルの貸し出しにプレミアム金利を3%程度乗せるだけで、中国企業のドル調達が一気に非効率化します。
・アメリカは最後、人民元の自由化を言えば、中国が終わりになることを知っています。
・誰もが自分の正義を振りかざして私刑が横行するようになることほど危ないものはありません。だからこそ、非常事態の対応を法律できちんと決めて、ある程度の私権を制限できるようにしておかなくてはならないのです。

○これから一週間弱の予定:
特になし、お盆休みです(でなくても休んでいますが・・・)。

この一週間とちょっと(8/3~8/10)

◆世間では:【トランプ政権、香港行政長官ら11人に制裁】いよいよ始まりました。我が国も何か協力できることはないのでしょうか?

◆個人的には:昨日は、この文章をほとんど書いた後、寝落ちしてしまいました(休肝日なのに・・・)。。。暑さが応えたのかもしれません。水分補給は忘れずに。
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:彩雲(8/35)。

○主な出来事:
8/6() MCEI大阪支部 20208月度 定例会(オンライン参加)

○本:「ポスト・コロナ「新しい世界」の教科書」髙橋洋一、渡邉哲也著(徳間書店)(つづき)
2006年以来、財務省は政府の連結財務諸表を発表していますが、日銀抜きのもの。
・資本主義国陣営と、中国との間の体制間競争になったら、資本主義はすごい手をたくさん取れる。・・・たとえば、アメリカが中国の銀行へのドルの貸し出しにプレミアム金利を3%程度乗せるだけで、中国企業のドル調達が一気に非効率化します。
・アメリカは最後、人民元の自由化を言えば、中国が終わりになることを知っています。
・誰もが自分の正義を振りかざして私刑が横行するようになることほど危ないものはありません。だからこそ、非常事態の対応を法律できちんと決めて、ある程度の私権を制限できるようにしておかなくてはならないのです。

○これから一週間弱の予定:
特になし、お盆休みです(でなくても休んでいますが・・・)。

2020年8月 5日 (水)

2020年の7月

♪このひと月・・・・新型コロナウイルス肺炎(武漢肺炎:COVID-19)は、脅威が去るどころか第二波が懸念される状況となってきましたが、一方で、米中がお互いに相手国の総領事館を閉鎖する事態となり、加えて、米国はTikTokを使用禁止とするなど、米中の対立が激化しています。

そのような中、724日には、新型コロナウイルスの感染拡大で開催が延期となった東京オリンピックまであと1年となり、以下の動画が配信されました。
https://www.sankei.com/tokyo2020/news/200723/tko2007230009-n1.html
ということで、今月の話題は「東京オリンピック・パラリンピック」まであと1年です。

正直言って、私は東京オリンピック・パラリンピックを1年後に開催することは難しいと思っていました。
そして、初めてこの動画を観た時も、アスリートを慰めるためだけの動画なのか?とさえ思ったほどで、その認識に変わりはありませんでした。
しかし、アスリートの本質って何なのだろうって、改めて自問してみたら、考えが変わりました。
限界への挑戦、そして、そのために、自分を信じて努力を継続すること、目標の達成を最後まで諦めないこと、そして、全てに感謝して今を楽しむこと。
私がそのような本質を持っているかどうかはともかく、私にとって、何のために東京オリンピック・パラリンピックを開催しなければならないのか?という問は、何のために自己記録を更新しなければならないのか?と同じものと感じられました。
利権がどうの面子がどうのということはあるのでしょうが、そんなことよりも、オリンピック・パラリンピックが開催できるだけの素晴らしい社会に、1年後になって欲しいと、強く望んでいる自分がいます。
そして、今それを臨まないと、いつまでたってもそのような素晴らしい社会にはならないのではないかと、危惧する自分がいます。
来年の東京オリンピック・パラリンピックを諦める理由は何もありません。
まずは、開催するのだという明確な意志を持つこと。何でもいいからできる限りのことをすると覚悟すること。そして、そういった挑戦を楽しむこと。
アポロ計画によって、テクノロジーが進歩して、生活が革命的に一新しました。
TOKYO2020+1
とともに、きっと新しい生活が、素晴らしい生活が待っていると信じつつ、私もできることから始めたいと改めて思った次第です。

ここで、「アスリートの本質」と「アポロ計画」とは関係がないのでは?との突っ込みがあるかもしれません。
飛躍があることは認めつつ、それでも、アスリートとイノベーターは似ている部分も多いように感じてもいます。
自分の限界への挑戦か、今ある技術の限界への挑戦か、その違いがあるだけのように思っています。

また、アスリートの本質について自問したから考えが変わったと書きましたが、実は、そう自問したのは、「その炎は、まだ消えてはいない」の最後の一言から、ある言葉が想起されたからでした。
それは、私が以前に所属していた職場で、スポーツ応援時に、追い詰められた状況でよく使った言葉。
それは、

「やってみなはれ!」

ではなく・・・

「○○○○○、アライブ!」

アライブ(alive)、そう、まだ生きている。まだ終わってはいない。否、物語は今から始まるのかもしれない。
「宇宙戦艦ヤマト」は、ガミラス帝国の攻撃を受けて「人類滅亡まであと1年」となって初めて物語が始まりました。
TOKYO2020
も、もしかしたら、今までは単なる序章に過ぎなかったのかもしれません。
コロナウイルスの攻撃を受けて「あと1年」となった今、ようやく物語が始まったのだと無理にでも思ってワクワクしたいと思っています。
では、これから1年、自分に何ができるのか?
既に仕事をリタイアした身にとっては心苦しい限りですが、まずは、燃え盛る聖火をありありとイメージすること。
これなら自分にでもできる。というより、これしかできないのかもしれない。
そうであっても、イメージの力を自分は信じたい。そうすれば、思いもかけない方法で、問題がクリアされていくかもしれない。
コスモクリーナーならぬコロナクリーナーが、既にどこかにあって、見つけてくれるのを待っているのかもしれない。
そんな子供じみたことを思いつつ、今月は以上で♪

7月のイベントへの参加は以下の4件でした♪
陸上競技はともかくリスタートしました。ノルディック・ウォーキングも8月からは動き出す予定です。
7/8() 大阪マスターズ陸上競技連盟・常務理事会(大阪)
7/9() MCEI大阪支部 20207月度 定例会(オンライン参加)
7/23() 88回大阪陸上競技選手権大会(大阪)(審判)
7/29() 大阪マスターズ陸上競技連盟・常務理事会(大阪)

◆今月のことば:「人生で起きたあらゆる出来事に、ユーモアを見いだす。これが成功者の思考。」(八木龍平著「スキマの法則」(扶桑社)より)

8月の予定:
8/6() MCEI大阪支部 20208月度 定例会(オンライン参加)
8/20() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2020年8月 4日 (火)

この一週間(7/27~8/2)

◆世間では:【李登輝元総統死去】これを機会に、世界中が台湾を中華民国として認める世の中になればいいのに。
【米国TikTok使用禁止】我が国も安全保障上何らかの対応を、と言うよりまずは使用禁止とする必要があるように思います。

◆個人的には:普段は春に受診している人間ドックを、コロナの影響(というか様子見?)で少し遅れて受診しました。経鼻の胃カメラを選択したのですが、少しですが鼻血が止まらず、マスクができずに(というか汚れるのが嫌で)しばらく帰れずにいました・・・胃カメラの時はサージカルマスクをしていくべきでした。。。
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:彩雲(7/308/2)、上部ラテラルアークと上部タンジェントアーク(8/1)。

○主な出来事:
7/29() 大阪マスターズ陸上競技連盟・常務理事会(大阪)
7/31() 日帰り人間ドック(大阪)

○本:「ポスト・コロナ「新しい世界」の教科書」髙橋洋一、渡邉哲也著(徳間書店)
・なぜイタリアで感染爆発が起こったのか・・・「イタリアの革職人は中国人ばかり」・・・要するに、中国と親密な国ほど悲惨な目に遭っているということ。
・欧米で新型コロナウイルス感染被害が大きいのは、土足文化ということも大きい。
・やはり中国は異質な国です。しかし、これまで世界はそのことにあまりにも鈍感だった。新型コロナ問題ではそのことを改めて認識させられた。
・農業は、きちんと企業化すればチャンスかもしれません。
・ローテク分野の製品が手に入らないがゆえに、ハイテク分野がつくれない。サプライチェーンが壊れてしまった・・・それぞれの国が、ローテク分野であっても安全保障に関わる分野は自国に戻していかなくてはいけない。
・日本はやはり戦時体制をとれない国・・・状況は完全に戦時でした。他国からウイルスで攻撃された場合も、現在と同じような状態になるでしょうし、実際に仕掛けられたのかもしれない。
・現状では、もし本当に国民の生命が危機にさらされる事態になったといに、憲法に緊急事態条項がないがゆえに、究極的には憲法自体を無効化するという対策しか取れない・・・その矛盾をメディアも学校もどこも教えない。

○これから一週間の予定:
8/6() MCEI大阪支部 20208月度 定例会(オンライン参加)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30