無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(9/7~9/13) | トップページ | この一週間(9/21~9/27) »

2020年9月21日 (月)

この一週間(9/14~9/20)

◆世間では:【菅内閣始動】兎にも角にも、二階幹事長の続投は亡国への道のような気がします。

◆個人的には:少し涼しくなったのはいいのですが、夏の疲れが出てきたのか、眠くて仕方がありません。。。
・今週の御朱印:なしでした。
・今週の「虹のようなもの」:久し振りになしでした。

○主な出来事:
9/15() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「直観を磨く」田坂広志著(講談社現代新書)
・問題解決のための本当の鍵は、「人間心理の機微」にある。
・経験から体験知を学び取るためには、何よりも「反省」の技法を身につけることである。(反省の技法:①「経験の追体験」②「体験知の振り返り」③「体験知の言語化」)
・もし世の中に「深く考える技法」というものがあるならば、その究極の技法は、心の奥深くにいる「賢明なもう一人の自分」の声に耳を傾けることである。
・我々は、「自己限定」の意識が心を支配した瞬間に、本来持っている能力を無残なほど発揮できなくなる。
・「天才」と呼ばれる人々は、決して「自己限定」をしない。「自分には、できない・・・」「自分には、無理だ・・・」「自分には、不可能だ・・・」といった「自己限定」の意識を持たない。
・「考えを文章に表す」という修練は、究極、「文章に表すことなく考えを深める」ための修練に他ならない。
・本来、「日記」というものは、「秘された形」で書くとき、精神の成長と成熟にとって、大きな意味を持つ。
・格言や名言というものは、自分自身の「体験」に照らして、それを読むときのみ、その叡智を摑むことができる。
・「思考を深める」ことや「思索を深める」ことは、実は、物事を見つめる「視点」を深めていくことに他ならない。
・「悟り」とは、自分の心を静かに見つめる「もう一人の自分」が現れている瞬間を言う。その「覚醒」の状態を言う。
・森の中を吹きわたってくる風の音には、「永遠」が、ある。その「永遠」の余韻に身を委ねるとき、「賢明なもう一人の自分」が現れる。そして、その自分との対話が始まり、深い思索が始まるのである。
・「全てを託するという心境で祈る」

○これから一週間の予定:
9/21(月・祝) 枚方市秋季陸上競技選手権大会(大阪・枚方)(審判)(済)
9/22(火・祝) 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
9/27() 64回関西実業団陸上競技選手権大会(大阪)(審判)

« この一週間(9/7~9/13) | トップページ | この一週間(9/21~9/27) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一週間(9/7~9/13) | トップページ | この一週間(9/21~9/27) »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31