無料ブログはココログ
フォト

« この一週間とちょっと(11/16~11/23) | トップページ | この二週間弱(11/24~12/6) »

2020年12月 8日 (火)

2020年の11月

♪このひと月・・・・【新型コロナウイルス感染第三波】なのですが、連休の前に対策はとられず、大丈夫なのか?と思ってしまいます。こんな状況になるのであれば、体力のある夏のうちに、皆で感染して免疫を獲得しておけばよかったのかもしれませんね。。。

◆個人的には:
これまで「太刀の腕振り」の特徴の中で、重要なポイントは、以下の2点と捉えていました。
・支持脚側の腕が振り下ろされるため、「踵を踏む」力が強くなる(地面反力が増加する)
・肩を軸とした背泳ぎ方向の回転運動であるため、腕が振子運動する「通常の腕振り」と比較して、腕が速く振れる
これら2点(特に1点目)が重要なポイントであることに変わりはないのですが、遊脚側の腕に関しても大きなポイントであるように、最近感じてきました。
ということで、今月の話題は「遊脚側の腕」が中心となるのですが、さらにそこから大きく跳んで「陸上競技のイノベーション」としたいと思います。

「太刀の腕振り」における遊脚側の腕は、「後方に引かずに自然と挙上するため、体側部がねじれない」という、やや受動的な効果を有する印象しか持っていませんでした。
「太刀の腕振り」は肩を軸とした背泳ぎ方向の回転運動であるため、振り下ろされた後には「自然と挙上する」ことに違いはないのですが、そのタイミングで肩(なのか肘なのか胸の上方の肩の付け根あたり(小胸筋)なのかは検討中)を意識的に少し上に引き上げることにより、体側部がねじれないだけではなく、遊脚が前方に振り出されやすくなることを改めて感じるようになりました。
このこと(と地面反力が増加すること)によって、上り坂の走歩行が楽になる(=パフォーマンスが向上する)ことを実感していますが、それとともに、遊脚を前方に振り出すことの効果が大きい陸上競技=跳ぶ陸上競技においてもパフォーマンス向上の可能性があるように感じました。
すなわち、跳躍競技(走り高跳びはイメージできないので、とりあえずは砂場系跳躍競技)やハードル競技においても、走歩行における効果(※)からの類推で、以下の効果があるように期待しています(ほとんど妄想です)。
○砂場系跳躍競技における効果(助走時以外)/ハードル競技における効果(走行時以外)
・踏切脚(抜き脚)と同側の腕を前に出すのではなく振り下ろすことによって、より大きな地面反力(床反力)が得られる
・リード脚と同側の腕を後ろに引くのではなく自然と挙上してくるのを少し上に引き上げることによって、リード脚が前に振り出しやすくなる
※走歩行における「太刀の腕振り」の効果
・支持脚と同側の腕を、前に出すのではなく振り下ろすことによって、立脚中期から終期においてアンクルロッカーを効果的に機能させることができ、より大きな地面反力(床反力)が得られる
・遊脚と同側の腕を、後ろに引くのではなく自然と挙上してくるのを少し上に引き上げることによって、遊脚が前に振り出しやすくなる

これまで、走り幅跳びやハードルにおいて「太刀の腕振り」で跳んでいるのを見たことはなく、その上で上記したような効果が得られるのであれば、陸上競技におけるイノベーションとして捉えていいのではないかと考えています。(ここでやっとイノベーションが出てきました)
なお、陸上競技におけるこれまでのイノベーション(素材系除く)には、背面跳びとクラウチング・スタートが代表的なものとして挙げられると私は捉えています。(他に投擲種目であるのかもしれませんが・・・)
いずれも、それまで誰も見たこともなかったものが現実となったもので、特に、背面跳びは少なくとも私にはそれまでの跳び方(はさみ跳びやベリーロール)からは想像もできないものです。
それに比べれば、「太刀の腕振り」で走り幅跳びやハードルをすることは、そこまでの発想の飛躍はないと思えるのですが、陸上競技におけるイノベーションになるかもしれないと想像するだけでわくわくしてきます(やはり単なる妄想です)。

今月は以上で♪

11月のイベントへの参加は以下の4件でした♪
歩くのに気持ちのいい季節となり、ウォーキングを楽しめたひと月でしたが、第三波がやってきて、12月はまた自粛せざるを得ないようです。
11/11() 枚方市スポーツ推進委員会 総会(大阪・枚方)
11/12() MCEI大阪支部 202011月度 定例会1(オンライン参加)
11/26() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
11/26() MCEI大阪支部 202011月度 定例会2(オンライン参加)

◆今月のことば:「「自分は幸運に恵まれた」と言える人にしか、幸運の女神は微笑まないのだろう。」(山本尚著「日本人は論理的でなくていい」(産経新聞出版)より)

12月の予定:
12/10() MCEI大阪支部 202012月度 定例会1(オンライン参加)
12/17() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
12/23() MCEI大阪支部 202012月度 定例会2(オンライン参加)

« この一週間とちょっと(11/16~11/23) | トップページ | この二週間弱(11/24~12/6) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一週間とちょっと(11/16~11/23) | トップページ | この二週間弱(11/24~12/6) »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31