無料ブログはココログ
フォト

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月18日 (月)

この一週間弱(1/12~1/17)

◆世間では:【トランプ米大統領弾劾・ツイッター凍結】精査した訳ではないが、トランプ氏がデモへの参加を呼びかけた以上の事実を私は認められませんでした。。。
Bloomberg
に「民主党のペロシ下院議長は採決前に、「大統領が暴動を扇動したとわれわれは確信している」と発言。」と書かれているのは、確信しないことも可能な表現だったということなのでは?
「トランプ氏の支持者」が米連邦議会議事堂襲撃したのは事実だとして、「トランプ氏の支持者」なる者が米国の混乱を目的とした者なのか否かを検証しないでいいのでしょうか?

◆個人的には:今年も何とか十五日詣り。どんど焼きも完了。良い年になりますように。
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:彩雲(1/17)。

○主な出来事:
1/14() MCEI大阪支部 20211月度 定例会(オンライン参加)

○本:「ライフスパン」デビッド・A・シンクレア、マシュー・D・ラプラント著、梶山あゆみ訳(東洋経済新報社)
・ごく単純にいえば、老化とは情報の喪失にほかならない。・・・アナログ情報「エピゲノム」・・・これは、親から子へと受け継がれる特徴のうち、DNAの文字配列そのものが関わっていないものを指す。DNAによらないこうした遺伝の仕組みを「エピジェネティクス」と呼ぶ。
・細胞を損傷させることなく長寿遺伝子を働かせるストレスはいくつもある。たとえば、ある種の運動をする、ときおり絶食する、低タンパク質の食事をする、高温や低温に体をさらす、などだ。これを「ホルミシス」と呼ぶ。・・・それを補うのが、擬似的にホルミシスをつくり出す分子である。
・どの遺伝子のスイッチを入れ、どの遺伝子をオフのままにしておくのかを、調節するための仕組みと構造の総称がエピゲノムである。
・老化に伴う症状・・・それが、遺伝子変異によってではなく、DNAの損傷シグナルを引き金とするエピゲノムの変化によってもたらされた。
・老化は避けて通れないものなどではなく、「幅広い病理学的帰結を伴う疾患のプロセス」だということだ。(ロンドン王立協会)
・老化を病気と呼ぶのは、健康や幸福に関する一般的な見方から大きく逸脱することを意味する。・・・これは、治療できる病気なのだ。

○これから一週間の予定:
特になしです。

2021年1月12日 (火)

この一週間とちょっと(1/4~1/11)

◆世間では:【トランプ米大統領の支持勢力が連邦議会議事堂を占拠】このような事態となって最も利益を享受するのは中共であることから、私には(火種はあったとしても)中共が煽ったとしか思えないのですが。。。

◆個人的には:首都圏では緊急事態宣言が再発令(発出)され、近畿圏でも発令(発出)の可能性が高まってきました。イベントの中止は相次いでいますが、他は、特に何も変わらない日常です。
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:彩雲(1/689)、内がさ(1/711)。

○主な出来事:
・特になしでした。

○本:「影に対して 母をめぐる物語」遠藤周作著(新潮社)(つづき)
・私にとって、かくれ(かくれ切支丹)が興味があるのは、たった一つの理由のためである。それは彼等が、転び者の子孫だからである。
・(年とったな。あんたも俺も)アカシアの幹をいたわるようにさすりながら私はひとりで呟いた。私も年をとり、この樹も年をとったが、この樹は私とちがって45年間、この場所から一歩も動かなかったのだ。
♪新たに発見された「影に対して」の他の作品は、これまで発表されたものの中からセレクトされたもので、たぶんこれまでに読んだことがあったように思う。今回、読み直してみて(おそらく中学生以来なので45年の時が流れました)、遠藤氏の弱き者に対する眼差しを改めて感じることができました

○これから一週間弱の予定:
1/14() MCEI大阪支部 20211月度 定例会(オンライン参加)
1/13()に予定していた枚方市スポーツ推進委員会の定例会は、中止となりました)

2021年1月 4日 (月)

この一週間(12/28~1/3)

◆世間では:【都内感染1300人超】どうして、即、緊急事態宣言をしないで、検討することになってしまうのでしょう?・・・どこが「緊急」なのか・・・

◆個人的には:新しい年が始まりました。今年も元旦に、いつものように近くの神社と成田山不動尊にお詣りしてきましたが、いずれも人出が激減していました。人出はどこにいってしまったのでしょう?
・今週の御朱印:國崎八幡神社(福岡県京都郡)(郵送)
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(12/29)、彩雲(12/2931)。

○主な出来事:
・特になしでした。

○本:「影に対して 母をめぐる物語」遠藤周作著(新潮社)
♪久し振りに遠藤周作の小説を読んでいます。その昔、講談社の遠藤周作文庫を片っ端から読みあさっていたことを懐かしく思い出しながら♪
・「なんでもいいから」母は彼にむかって言った。「自分にしかできないと思うことを見つけて頂戴。だれでもできることなら他の人がやるわ。自分がこの手でできること、そのことを考えて頂戴」
・「・・・テクニックだけのことなら、練習で誰でもうまくなれますが、音楽にはもっと高い、もっともっと高い何かがあるのだと母さんはいつも思っているのです。・・・あなたもテクニックだけの人生を生きるような人間にならないでほしいと思いました。たとえ周りの人がそれを安楽だとすすめても。」

○これから一週間の予定:
特になし、1/7()に予定していた枚方市ノルディック・ウォーク講座は、残念ながら中止となりました。

2021年1月 1日 (金)

2021年の始まりにあたって

新年あけましておめでとうございます。
2021
年の漢字は「前」だそうです(熊野本宮大社※)。九鬼宮司によると「新型コロナウイルスが終息し、「未来・夢・目標」に向かって、自分の歩幅で少しずつでも「前」に進んで頂きたい」とのことです。
私としても、自分の足で「前」に進んでいくとともに、「前」に「引」かれる年になればいいな、と思いました。


昨年は、コロナ禍に乗じたような形で天の計らいに導かれたとしか言いようのない一年であったと感じています。
今年の干支は丑(牛)、牛といえば「牛に引かれて善光寺まいり」。
ということで、ちょっと単純過ぎるかもしれませんが、今年の漢字は「引」としました。
昨年に「引」き続いて天に「引」かれて、更に次のステップ(=「前」)に進む年にしたいと思っています。
「引く手数多」で「引きも切らず」の年になればいいですね。
まだ、「引き際」は考えてはいません♪


今年もよろしくお願いいたします♪

※:http://www.hongutaisha.jp/令和三年の一文字が納められました。/

2020年

2020年の漢字には「密」が選ばれました(財団法人日本漢字能力検定協会)。(以下、2位「禍」、3位「病」・・・)
「新型コロナウイルス感染症流行の影響を受け、3「密」という言葉が提唱された」一方、「政治判断が「密」室で行われたことや芸能界での「密」会報道などでも使われた」ことなどが理由だそうです。

私は年初に今年は「乗」の年にしたいと宣言しました。
今年はコロナ禍の影響で、生活が一変してしまいましたが、個人的には、左の肩峰に骨棘が出てしまったおかげで腕振りに関しての考察を深めることができました。
そして、行けないはずだった学会がweb開催となって発表でき、発表資料の一部をYouTubeに投稿し、さらには発表内容をまとめて論文投稿。。。
まさにコロナ禍に乗じたような形で天の計らいに導かれたとしか言いようのない一年となりました。(もちろんいいことばかりではなかったのですが・・・)
一方で、リモート会議等で、「物理的距離があるなかでも「密」に人との関わりを持つことができた」ことにおいて、私にとっても今年は「密」の年だったと感じています。

このように、今年は「乗」と「密」の年だったと思っていますが、次に向かってリスタートするステップとして、来年は「引」の年にしたいと思っています(詳しくは年が(夜が?)明けてから)。

◆私にとっての今年の10大ニュース
・新型コロナウイルス感染拡大
・マスク、体温測定等が日常化しました
・特にZoom等でのweb会議が日常化し、会議の主催も経験しました
・陸上競技の試合への出場はできず、記録はありませんでした
・「第24回 日本ウォーキング学会 Web大会」で発表しました
・ウオーキング研究(日本ウォーキング学会誌)に1件掲載され、1件投稿しました(資料論文ですが…)
YouTubeに初めて投稿しました
・家族のこと(詳しくは書きませんが・・・)
・冷蔵庫や掃除機等が壊れ、買い替えました
・知人数名が逝去しました

◆今年読んだ本の中で印象に残った10冊(読んだ順)
・「運気を磨く」田坂広志(光文社新書)
・「世界トップエリートのコミュ力の基本」ムーギー・キム(PHP研究所)
・「東京、はじまる」門井慶喜(文藝春秋)
・「新訳 弓と禅」オイゲン・ヘリゲル(角川ソフィア文庫)
・「ひとりの妄想で未来は変わる」佐宗邦威(日経BP
・「働き方5.0」落合陽一(小学館新書)
・「「動き」の天才になる!JIDAIBABジャパン)
・「日本の10大庭園」重森千靑(祥伝社新書)
・「センス・オブ・ワンダー」レイチェル・L. カーソン(新潮社)
・「競歩王」額賀澪(光文社)

◆今年は、残念ながら陸上競技の試合への出場はありませんでしたが、以下のノルディック・ウォーキング体験会に講師として参加しました。
・枚方市ノルディック・ウォーク講座:13

今年もお世話になり、ありがとうございました(^^)/
2021
年もよろしくお願いいたします♪

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31