無料ブログはココログ
フォト

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

この二週間(3/15~3/28)

◆世間では:【対中人権制裁】個人で何かできることはないのかと思いつつ、何もできないでいます。。。
【東京五輪・パラリンピック開閉会式企画・演出統括役、佐々木宏氏辞任】ブレストのルールを無視した内部告発に正義はありません。ユニークな発想を殺してしまわないためにも、機密漏洩防止のためにも。

◆個人的には:彼岸明け後にようやく墓参。そして、久し振りに御朱印を頂戴しました。さあ、これから、という感じなのですが、第4波がきているようで心配です。
・今週の御朱印:石上神宮(奈良県天理市)、大神神社・狭井神社・久延彦神社(奈良県桜井市)(書き置き)
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(3/17)。

○主な出来事:
3/21() 大阪マスターズ常務理事会(大阪)
3/23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
3/24() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)
3/26() 大阪マスターズ理事会(大阪)

○本:「超影響力」DaiGo著(祥伝社)
・影響力を発揮するには「信用」と「関係性」が不可欠・・・影響力のある人は、聞き手にとって「信用できる話し手となる方法」を知っていて、聞き手に「この話は自分に関係があると思わせる術」を持っています。
・人間には頼み事をしてきた相手のことを好きになる心理があります。
・あなたの言葉で相手を説得し、動かすには前提として聞き手に「これは自分に関係している話だ」と思ってもらう必要があります。
・あなたが与えたい影響を、相手が自ら必要だと思うようにラベリングすることが重要。
・人間は「みんなと同じでいたい、安心したい」と考える一方で、「みんなより優れていたい」とも欲するのです。
・(聞き手の)無意識に働きかけ、あなたの思う方向に行動を促しながら、聞き手本人は「自分が選択した」と納得している状態を作っていくことが大事。
・スリーパー効果:インパクトの強い話、記憶に残ったエピソードが相手の心に残り、無意識のうちに話し手の望む方向への行動を促すというもの
・インパクトの強い正しい意見や主張を、聞き手の顔色や場の雰囲気を気にせずにぶつけることが、スリーパー効果による無意識への影響を狙った最高のアプローチとなる。
・手っ取り早く権威を感じさせることができるのが、人物や場所の持つ権威性、イメージを利用する「トランスファー」というテクニックです。

○これから一週間の予定:
3/30() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)(済)

2021年3月16日 (火)

この一週間(3/8~3/14)

◆世間では:【日米豪印首脳会合】もっと他の国・地域を巻き込んで、確実な包囲網を確立して欲しいものです。

◆個人的には:【「V6」11月で解散】ウルトラマンティガの長野君やひらパーの岡田君がいるので、親しみのあるグループでした(とはいえグループとしてはほとんど知らない・・・)。
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(3/11)。

○主な出来事:
3/9() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
3/11() MCEI大阪支部 20213月度 定例会(オンライン参加)

○本:「ブレイン・ルール」ジョン・メディナ著、野中香方子訳(東洋経済新報社)(つづき)
・一つ確かなのは、睡眠の質が年齢とともに低下することだ。
・記憶する情報を取捨選択するために必要な徐波睡眠の量が、年をとるにつれて減っていく。
・青年期と中年期に良い睡眠習慣を保てば、認知機能が向上し、加齢による認知機能の低下を抑えることができる。
・慢性的な睡眠不足とメンタルヘルスの間には深刻な関連がある。寝つくまでに30分以上かかる高齢者は、不安障害になるリスクが高い。
・高齢の動物に若い個体の血液を注入すると、分子、構造、機能、および認知レベルで、脳の老化の影響を打ち消すだけでなく、逆行させ得る。
・ノスタルジアを頻繁に感じる人は、そうでない人より心が健康なことがわかっている。・・・ノスタルジアはドーパミンの生成を促す。
・脳は、愛情を持って手入れすれば(遺伝の影響はあるとしても)、いくつになっても器用さと柔軟さを維持し、豊かな想像力を保つことができる。

○これから一週間の予定:
3/21() 大阪マスターズ常務理事会(大阪)

2021年3月 8日 (月)

この二週間(2/22~3/7)

◆世間では:【中国全人代】あの国は、全世界(子分にした国を除く)に対して、本気で喧嘩を売ろうとしているのでしょうか。。。
【総務省接待問題】昭和でもなく平成でもない令和の時代に、いったい何がしたかったのでしょう?

◆個人的には:忙しい忙しいと言いながら、ここ3週間は週に34回はストロール(競歩版ジョギング)しています。要は、何を優先したいのかということです・・・もっと本を読まないと。。。
・今週の「虹のようなもの」:彩雲(2/243/3)、内がさ(2/25273/14)、幻日(3/7)。

○主な出来事:
3/2() 5回夢洲新産業・都市創造セミナー(オンライン開催)

○本:「ブレイン・ルール」ジョン・メディナ著、野中香方子訳(東洋経済新報社)(つづき)
・代替策こそが、記憶力が部分的に衰えた時に老化した脳が提供するものなのだ。・・・自らの衰えに気づいた脳は、通常、言語処理には使わない領域から利用できるものを探し出して、その機能を流用するのだ。
・複数言語を扱うことは、脳に長期的なメリットをもたらす。バイリンガルはモノリンガルに比べて、通常の認知の衰えが緩やかだ。
・処理速度の遅れを含む、多くの老化による衰えの原因は、ニューロンの絶縁体が失われていくことにある。
・アルツハイマー病による脳の損傷はだれも予想しないほど早い時期に始まっていて、認知症が現れた時にはすでに手遅れになっているという可能性がある。

○これから一週間の予定:
3/9() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
3/11() MCEI大阪支部 20213月度 定例会(オンライン参加)

2021年3月 7日 (日)

2021年の2月

♪このひと月・・・・結局、元首相の森喜朗氏は大会組織委員会の会長を辞任、いろいろあって、結局は橋本聖子五輪相が会長に。。。
このような一部メディアの手口は、戦前の特高警察を想起させられるようで、個人的には不気味で仕方がありません。。。

◆個人的には:
大阪では緊急事態が解除、となったからだけではないのですが、ようやく「太刀の腕振り」で競歩の練習をリスタートしました。
ということで、今月の話題は、「太刀の腕振り」で競歩、です。

いろいろと忙しかったこともありましたが、それよりも、「太刀の腕振り」をどのように実戦に適用させるかについて、私の中で結論がでていなかったことが、なかなかリスタートできなかった大きな理由でした。
(加えて、コロナ禍の状況で、マスクをしなくてもいいのかどうか迷っていたということもあります(結局、マスクはせずに、ただし携帯して、練習することにしました))
というのも、スピードを上げてまともに腕を振り下ろした場合、振り下ろした腕を再び持ち上げる際に腕にかなりの負荷がかかることがわかっていたからです(ゆっくり歩く際には気にならないのですが)。
そのため、「太刀の腕振り」で競歩は無理なのか?と一時は断念していました。
ところが、以下のように状況が好転し、何とかなりそうな感触が得られてきました。
・昨年の7月頃:「いだてん」の金栗四三氏の走り方(※)を参考にすれば、振り下ろした腕を再び持ち上げる際の負荷が軽減されるのでは、と期待された(ただし、遊脚の振り出しに影響が出ることが懸念された)
・昨年の11月頃:振り下ろした腕を再び持ち上げる際に、同側(遊脚側)の胸の上方の肩の付け根あたりを意識的に少し上に引き上げることにより、遊脚が前方に振り出されやすく感じるようになった
※:肘をほとんど曲げずに(=肘関節ほぼ伸展)腕をほとんど身体の後側で小さく振る(=肩関節ほぼ伸展)走り方
ただし、コロナ禍の状況において、すぐには行動に移せなかったのですが、今年の競技スケジュールが確定する状況で、じっとしていられなくなって、リスタートしたといった感じです。
すなわち、
・まともに腕を振り下ろさない=肩関節と肘関節をほとんど屈曲させずに、背泳ぎ方向に肩関節を回転させること(=金栗四三氏の走り方を参考にすること)
・振り下ろした腕を再び持ち上げる際に、遊脚側の胸を意識的に少し上に引き上げること
によって、遊脚の前方への振り出しを阻害することなく、持ち上げる腕への負荷がどこまで軽減できるか?を検証することで可能性が見えてきたことから、実際に「太刀の腕振り」を競歩の練習に取り入れてみました。
結果は、肩関節と肘関節をほとんど屈曲させないことで、腕に負荷をかけずに済むことがわかり、加えて遊脚側の胸を意識的に少し上に引き上げることで、遊脚が前方に振り出されやすくなることも実感されて、現状では何とか6Km程度は連続して歩けるようになりました。
(時間の余裕がないので6Km程度までしか歩けていませんが、まだまだ歩けそうです)
ちなみに、上記したようなことを試行する過程で、必然的に「腕振りの目的」について改めて考えさせられました。
「太刀の腕振り」の効用としてまとめたことでもありますが、「より大きな地面反力を得ること」と「遊脚の前への振り出しを促進すること」が腕振りの目的であることを、改めて感じられた次第です。
(「通常の腕振り」では、腕を後ろに引いた際に肘を伸ばす(伸展させる)ことは推奨されていませんが、「太刀の腕振り」では(後ろに引かずに)振り下ろしきった最後の瞬間に肘を伸ばす(伸展させる)ことによって、より大きな地面反力が得られるように感じています。)
また、「太刀の腕振り」では(特に肩関節と肘関節を伸展させた状態では)、骨盤前傾が惹起されますが、骨盤前傾によっては、気持ちも前向きになるように感じています。
競歩の練習に限らず、気持ちが前向きになることが、「太刀の腕振り」の最も大きな効用なのかもしれません。

今月は以上で♪

2月のイベントへの参加は以下の2件でした♪
緊急事態宣言下であったため、最小限度、といった感じですが、これからはいろいろと増えてくると思っています。
2/4() MCEI大阪支部 20212月度 定例会(オンライン参加)(済)
2/14() 2021年度大阪マスターズ通常総会(大阪)

◆今月のことば:「人は、自分にも賞味期限があることを悟ると、・・・何よりも人との関係を大切にし始める。・・・そのように社会的なつながりを優先するようになると、人はより幸せになれる。」(ジョン・メディナ著、野中香方子訳「ブレイン・ルール」(東洋経済新報社)より)

3月の予定:
3/2() 5回夢洲新産業・都市創造セミナー(オンライン開催)(済)
3/9()23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
3/11() MCEI大阪支部 20213月度 定例会(オンライン参加)
3/24() 枚方市スポーツ推進委員会 全体会(大阪・枚方)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31