無料ブログはココログ
フォト

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月30日 (日)

この二週間(5/17~5/30)

◆世間では:【緊急事態宣言期限延長】大阪では3ヶ月ぶりに新規感染者が200人を下回ったものの、まだ病床使用率に余裕はない・・・ことはわかるのですが、リスクが極めて低いと推測されるところは、自粛要請から外すなどの対応はできないのでしょうか?(何度も言っているけど・・・)

◆個人的には:おかげさまで還暦を迎えました。それはともかく、「深田恭子さん「適応障害」」のニュースは、しばらく仕事を休んでいた私にとっては他人事ではなく感じます。
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(5/26

○主な出来事:
特になしでした。

○本:「華厳の思想」鎌田茂雄著(講談社学術文庫)(つづき)
・物語るということはすでに体験を対象化し、抽象化したことになる。言葉で表現したものは生の体験そのものではない。それは概念によって抽象化されたものである。
・思想は精神の装飾である。文字でカッコよく書くわけで、本当ではない。行実(ぎょうじつ)が本当である。
・どうしても悲が動いていかないといけない。悲が動くということは、ありとあらゆる存在のものが、仏の光明を放っていなければいけない。
・現実の世界は縁起によって成り立っていると仏教では考える。縁起とは縁によって起こっているということで、縁は条件ということ、条件によって起こっているのである。
・あらゆるものが意志がそこに動いているのだというふうに考えると、人間はそのときに感謝の気持ちを持つ。
・ただ現実にあるのは殷々と鳴る鐘声のみ。・・・堂宇もなければ鐘もなく、鐘をつく人間すら存在しないのだ。虚空を裂破する鐘声こそ、華厳法界に入る門でなければならない。
・仏道をねがう心を清浄欲といい、・・・欲心が深くないといけない、仏道を求めるというのは、人間の欲望のなかの最高の欲望だというのである。
・あまり修行を完成させようと思うと修行に縛られるので、それはよくない。作為のない自然の姿がいい。
・人間にはそのあるべきようがある、自律がなければならない・・・あるべきようというのは自律の精神、どんな立場の人であっても、人間には人間のあるべきようがあるのだということである。
・『華厳経』は無限を説く。人間の営みとはなんとむなしいことか。一生懸命やっていても、その一生懸命というのは、なんと限りがあるか、ということを悟るのが華厳学なのである。

○これから一週間の予定:
6/3() MCEI大阪支部 20216月度 定例会(オンライン参加)

2021年5月17日 (月)

この一週間(5/10~5/16)

◆世間では:【阪神デーゲーム16連勝】今週のニュースが思い出されません。他にいいことないし・・・

◆個人的には:先月末より、フォアフットロッカーの使い方が気になって仕方がありません。とうとう参考書『観察による歩行分析』買いました。もっと早く読んでおくべきだったかもしれません。。。
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:上部タンジェントアーク(5/15

○主な出来事:
5/13() MCEI大阪支部 20215月度 定例会(オンライン参加)
5/16() 65回関西実業団陸上競技選手権大会(ヤンマースタジアム長居)(審判)

○本:「一寸先は光です――風の時代の生き方へ」はせくらみゆき著(青林堂)
・『のびやかに・かろやかに・あなたのままに』
・「みたまみがいて、みたままに」、これが嘘偽りなく表される生き方を通して、自身が望むパラレルワールドへ、移行していければと思っています。
・私たちは本来、安心して、あるがままに自由に想像し、それが形為すさまを、「楽しみ味わう」ように創られていますから、何の心配も不安もいらないのです。
・「私はご機嫌でいる私を選びます」・・・心も身体も軽やかに、朗らかに笑っている状態―ご機嫌でいるということは・・・健やかで満ち足りた人生を送るための大切な要素。
・「わお、こう来たか(こう出たか)、何だか面白くなってきたぞぉ」・・・奥なる自分は、時空を超えて観察することができるので、何か問題が起こったとしても、それを解決する方法も同時に知っている。」
・「絶対」という言葉は、執着そのものであり、その奥側には、もし、出てこなかったらどうしよう?という恐れや不安、疑いの気持ちがこびりついている。
・「ゆるしのワーク」:「ゆるします」「ゆだねます」「愛しています」
・自然界の中において、黄金比は、主に目に見える世界を担い、動的で、進化と成長を司っています。・・・一方、大和比は、主に目に見えない世界を担い、動的で、進化と成長を司っています。
・目に見える世界は、装飾的で華美な「かっこいい」黄金比。
・「え」次元――天照大御神が指し示す次元へといたす道の方法:①吾という存在の本質を知ること。②天意に沿って生きようと努めること。③素直に明るく、正直に生きること。

○これから一週間の予定:
特になし

2021年5月 9日 (日)

この一週間(5/3~5/9)

◆世間では:【緊急事態宣言・期限延長】連休明けに何をどう評価するつもりなのか?とおそらく誰もが思っていたのではないかと推測しますが、案の定延長されました。

◆個人的には:ゴールデンウィークです!が、特に何をする訳でもなく、時間が過ぎてしまいました。これはこれででいいのですが、緊急事態宣言の期限が延長されたため、今月の予定はほとんどなくなりそうです。
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(5/48)、彩雲(5/6

○主な出来事:
特になしです。。。

○本:「華厳の思想」鎌田茂雄著(講談社学術文庫)
・肉眼の見るところは限りがあるが、心眼の見るところは限りがない。無限を見るのは心眼でなければならない。これが尊徳の言葉である。
・個とは何か。絶対に余人をもっては代えられないのが個である。
・智の中には悲が含まれていないといけない。智のことを別の言葉で大悲というが、仏の愛であり、人間はそれに包まれていくわけである。
・『華厳経』の立場からは、悪は悲存在になっていき、あらゆるものは仏性のなかに生かされていくのだという考え方になるのである。
・仏が迷うと衆生になり、衆生が悟れば仏になる。では具体的に、仏にもなるし衆生にもなるものは何か。それは人間の心なのだ。
・人間のあらゆる行為が、一瞬の休みもなく阿頼耶識(あらやしき)のなかに貯えられてゆくのだ、と考えるならば恐ろしいというか、厳しさを反省しないわけにはゆかない。善い行為であろうと、悪い行為であろうと、一つ一つが絶対の意味をもつことになる。けっして消えることも、消すこともできない行為の恐ろしさに身の毛がよだつ気がする。
・人間の生命活動の本源を説いたのが、唯識の阿頼耶識であるとすれば、『華厳経』で説く自性清浄心は、人間のあるべき相(すがた)、人間のあるべき心、人間の理想態を説いたものにほかならない。
・『華厳経』では、初めて発心したとき、それが正覚なのだと、これはたいへんなことをいっているのである。・・・われわれのなかには、眠っている仏の心がある。それが何かの因縁で外にあらわれてきた。それが発心なのである。・・・これはまさしく革命的な思想である。

○これから一週間の予定:
5/13() MCEI大阪支部 20215月度 定例会(オンライン参加)

2021年5月 4日 (火)

2021年の4月

♪このひと月・・・・大阪で新型コロナ感染者が急増し、3回目の緊急事態宣言が発出されました。ただし、どこに問題がありそうなのかすら明確でない状況で、一体何ができるのかと思います。
例えば、野球で負けた時に、敗戦要因を分析せずに、全員に千本ノックをするようなもののようにも思えます。。。
一方で、日米首脳会談が行われましたが、中共の脅威に対して、実効性のある対応を次々と打ち出して欲しいものです。

◆個人的には:もうすぐ還暦です。ということはさて置き・・・
先月は厚底シューズを「太刀の腕振り」で少し試した結果を報告しました。
今月はその結果も踏まえて、近畿マスターズ陸上合同研修会で競歩の講師をする予定だったのですが、緊急事態宣言の発出によって研修会は中止となりました。。。
しかしながら、その準備をする中で、大きな(気持ち的には、これまで60年近く生きてきた中で最大級の)誤りに気付きました。今月はそのことを簡単にお伝えします。
それは、一言で言えば、
「これまで前方への推進力を得るために、足を後ろに押さえつけていたが、重力を利用して膝・脛(すね)を自然落下させる方が、効果的効果的に前方への推進力が得られる、と推測される」
ということです。
以下、簡単に説明しますが、その前にまず、そもそも「歩く(歩行動作)」とは、どういうことか?について再確認します。
「歩く(歩行動作)」とは、どういうことか?
外観的には、「歩く(歩行動作)」とは常にどちらかの足が地面についた移動方法のことを、「走る(走行動作)」とは両足が同時に地面から離れる移動方法のことを言うのが一般的だと思います。
(競歩において「ロス・オブ・コンタクト」の歩型違反があるのはそのためです)
一方で、(「歩く」にしても「走る」にしても)前に進む主体にとって、どのような方法(戦略と言ってもいいかもしれません)を採用するか?という観点では、以下の2種類が考えられます。
①重力を利用し、地面に接する足部を支点とした、振り子を逆さまにした逆振り子運動
②筋力を利用し、股関節を支点とした、脚部を後方に蹴る振り子運動
いずれも足が地面と接する部分の摩擦力を利用することは共通ですが、「歩く(歩行動作)」は概ね①を、「走る(走行動作)」は概ね②の方法を採用していると捉えています。
そして、「歩く(歩行動作)」が主に採用している①の方法(戦略)においては、
「踵(ヒール)、足関節(アンクル)、前足部(フォアフット)、足指(足趾)(トウ)が連続的にロッカー(脚部を倒立した振り子(逆振り子)と見なし、接地した足部に形成された支点)の役目を果たすことで、身体をなめらかに前進させる回転軸システム」
と説明される「ロッカーファンクション(ロッカー機能)」(※1)が重要となります。
各ロッカーの機能や心掛けることについては、ここでは割愛させていただきますが(次月の話題?)、先述した「これまで60年近く生きてきた中で最大級の誤り」というのは、この中のフォアフットロッカーに関してのことです。
それは・・・
これまではフォアフットロッカーはブレーキだとして、足趾の関節(※2)とともにMTP関節(中足指節関節)を屈曲させる(実際にはMTP関節は屈曲モーメントをかける)ことで、フォアフットロッカーを機能させないことにメリットがあると言ってきました。
実際に、フォアフットロッカーのタイミングでPIPIP)関節とMTP関節が伸展していると、骨盤が後傾してブレーキがかかるように感じられるのですが、PIPIP)関節屈曲の状態でMTP関節伸展であれば骨盤前傾が保たれて、「重力を利用して膝・脛(すね)を自然落下させる」ことが可能となることに、最近、気付きました。
そのため、フォアフットロッカーはブレーキではなくアクセルだと認識するに至りました。(脛(すね)に関しては、トウロッカーに関する事由ですが、一連の動作であるため併記しました)
すなわち、「フォアフットロッカーを機能させずに足を後ろに押さえつけていたのを、(トウロッカーとともに)フォアフットロッカーを機能させることで重力を利用して膝・脛(すね)を自然落下させる方が効果的に前方への推進力が得られる」と推測されました。
そのことを「これまで60年近く生きてきた中で最大級の誤り」と認識して、愕然とした次第です。
愕然とはしましたが、歩くことに関してさえ、まだまだ、新たな発見があるものだと思えば、喜ばしいことなのかもしれません。
今月は以上で♪
1:「ペリー歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版」、Jacquelin PerryJudith M. Burnfield著(武田功統括監訳)、医歯薬出版、p.20(図3-20)(2012年)
2PIP関節(近位趾節間関節)(拇趾ではIP関節(趾節間関節))

4月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
緊急事態宣言が発出されたことで、しばらくイベントは中止ですね。。。
4/6()22() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
4/8() MCEI大阪支部 20214月度 定例会(オンライン参加)

◆今月のことば:「平成時代の敗北の本質は何か。端的に言へば、「国家」から逃げた事にある。「国家」を正面から引き受けようとせず、あるいはこれを嘲笑し、あるいはこれを忌避しようとする「戦後イデオロギー」に、国が覆ひ尽くされた事にある。」(小川榮太郎著「「保守主義者」宣言」(育鵬社)より)

5月の予定:
5/13() MCEI大阪支部 20215月度 定例会(オンライン参加)
5/23() 35回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマーフィールド長居)

2021年5月 2日 (日)

この二週間(4/19~5/2)

◆世間では:【大阪・3回目の緊急事態宣言発出】どこに問題がありそうなのかすら明確でない状況で、一体何ができるのかと思います。例えば、野球で負けた時に、敗戦要因を分析せずに、全員に千本ノックをするようなものなのでは。。。

◆個人的には:スマホがあると簡単に申請できるとのことで、思いつきでマイナンバーカードを申請しました。が、規格に合う写真がなくその場で撮影・・・徐々にスマホが生活に浸透してきているようです。。。
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(4/2223)、パリーアーク(4/23)、環天頂アーク(4/2325)、上部タンジェントアーク(4/2427

○主な出来事:
4/22() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「「保守主義者」宣言」小川榮太郎著(育鵬社)
・保守主義の中核には「日本人」である事と、その日本人が伝えてきた「国語」を守る事があらねばならない。政治的な保守主義、軍事・外交・サイバーなどの国家防衛だけで、「日本」を守る事は決してできない。
・平成時代の敗北の本質は何か。端的に言へば、「国家」から逃げた事にある。「国家」を正面から引き受けようとせず、あるいはこれを嘲笑し、あるいはこれを忌避しようとする「戦後イデオロギー」に、国が覆ひ尽くされた事にある。
・私たちは変化を取るか、現状維持を取るか、また、仮に変化を取るにせよ、どの範囲までそれを認め、どこから先では変化を認めず、しかも何ゆゑ変化を認めないのか。いはば、保守的な思考の原点はここにある。
・本質的な意味での保守思想の出現は、西郷隆盛にその嚆矢を見るべきだらう。・・・西郷の思想は、武士が体現してゐた道義性への強い愛着と近代功利主義への根深い懐疑と要約できる。
・平成に国力を衰弱させる改革が続いた一因は、保守主義が、創造的改革の理論を構築できなかつた事にある。
・逆説のやうだが、私たち(保守主義者)は純然たる精神の営み、個人的な良心の営み、己の聲を大切に育てるといふ、保守派が最も大切にすべきだつた言霊の営みをおろそかにした結果、政治的な敗北をも喫することになつた。
・保守主義といふ武器を血肉と化するまで身につけよ――これが安倍氏が今後の政治家に与へた最大の教訓であらう。
・世界に対して、大東亜戦争に関する修正史観を今提示しても、勝ち目はない。・・・圧倒的に劣勢の歴史戦を、今、国際政治に持ち出しても仕方ない。さうではなく、我が国古来の国柄としての「平和」を打ち出すのである。・・・侵略国が七十五年前に反省して平和国家となつたといふ、虚偽の自己像を口にする事をやめ、日本の国是が古来、天皇と共に歩む平和主義にある事を国際社会に打ち出すのが、イデオロギー戦の第一手であらう。

○これから一週間の予定:
特になしです。。。

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31