無料ブログはココログ
フォト

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月29日 (日)

この一週間(8/23~8/29)

◆世間では:【アフガン退避】どうしてもっと早く最悪の事態を想定していただけなかったのかと、残念でなりません。。。
【モデルナ製ワクチンから異物】そろそろ申し込もうと思っていたところなのですが、さて、どうしたものか。。。

◆個人的には:今年も、日本ウォーキング学会に発表を申込みました。昨年に引き続いて、コロナのおかげ(?)で遠隔参加も可能となったからこそです。発表資料最終確認中♪
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(8/2325)、上部・下部タンジェントアーク(8/24

○主な出来事:
特になしでした。

○本:「ミライの武器」吉藤オリィ著(サンクチュアリ出版)
・こうした人類初の挑戦から見つかる課題は、“全人類でいまだ自分しか知らない問題”というわけだ。ワクワクしないかい?
・きみが我慢していることだって、その我慢に気づけているなら、それを解決すれば「価値になる」ということ。
・“楽しいこと”は遊びではなく、苦労せずに知識や経験が身につくチャンスだ。
・「残りの命を使う目的」「まだ死ねない理由」を設定したことで、なにをするにもあまり迷わなくなった。
・よく観察して、よく考えれば、自分なりの「違和感」「つっこみどころ」は発見することができる。それを自分なりに改善すれば「こだわり」になる。
・「人になかなか理解されないこと」であるほどライバルが少ないため、人の記憶に残りやすい。
・他人に笑われるより、自分が楽しくない方がつらい。
・自分はなんのためなら一番がんばれるのか。この「自分という全然思い通りにならない乗り物」の動力源を知り、定義しておくことは大きな力になる。
・人は、喜びを拡張することができる生き物なのだ。
・きみの「したいこと」が きみの一生をささえる。そして誰かに託されていく。

○これから一週間の予定:
9/5() 9回大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・服部緑地陸上競技場)

2021年8月22日 (日)

この一週間(8/16~8/22)

◆世間では:【タリバン、アフガニスタン首都カブール制圧】かなり前から中共が工作していたのではと感じてしまいます。。。
【中田翔、巨人移籍】巨人に行きたかったから事件を演出したのではないかと思いたくなります。。。

◆個人的には:マスターズ陸上の研修会が中止となって、ちょっと凹んでいます。でも研修会のために歩くことに関してかなりまとめることができたので、感謝しています。
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:なし

○主な出来事:
特になしでした。

○本:「スーパーウォーク歩道」高岡英夫著(ベースボール・マガジン社)
E(エネルギー)、S(スキル)、M(メンタリティ)相互の強い関係性と非独立性を引き受け、相互に担うほどの力ある新たな要因・・・「軸(センター)」と「全身運動」とルースニング(緩解)」
・軸(センター)は歩きに由来する。・・・歩きそのものがお、専門的なスポーツパフォーマンスを変える決定的な要因=具体的な方法になる!
・猛獣たちは、その場歩きでいう「軸(センター)」に対して30度に垂れ切る能力をさらに何倍も深めた、徹底的に垂れ切る能力が抜群に高い。
・優れた「全身運動」では、背骨11個が普通の選手からは信じられないほど広い空間を持って、ゆったりとゆるみながら動き合っています。まさにそれが背骨と周囲のインナーマッスルでつくられる脊椎の「ルースニング(緩解)」です。

○これから一週間の予定:
研修会が中止となったので、特になしです。

2021年8月17日 (火)

この二週間(8/2~8/15)

◆世間では:【東京五輪閉幕】とりあえずは大きな事故もなくほっとしていますが、「ラムダ株」が心配です。
【前線停滞大雨】この時季に雨が続くのは珍しいですね。雨が続くと運動不足になります。。。

◆個人的には:家用のめがねのフレームが壊れて、交換しました。これは何を象徴しているのだろう?
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:なし

○主な出来事:
8/5() MCEI大阪支部 20218月度 定例会(オンライン参加)

○本:主に以下の本の続きを読んでいるのですが、遅々として進まずです。。。
・「「保守主義者」宣言」小川榮太郎著(育鵬社)
・「人間の土地」サン=テグジュペリ著、堀口大學訳(新潮文庫)

○これから一週間の予定:
8/17() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)雨で中止かも・・・と書こうとしていたら、早々に中止となりました。

2021年8月 7日 (土)

2021年の7月

♪このひと月・・・・直前まで関係者の辞任やら解任やらで混乱はしましたが、何とか東京五輪が開幕しました。
批判はあるにしても、開会式も無難(どころではないと個人的には思いますが)に終わり、気が付けば空前のメダルラッシュ。
コロナ感染者は増加傾向で、大阪では4回目の緊急事態宣言が発出されましたが、何とか無事に閉会して欲しいものです。

◆個人的には:4月以降、フォアフットロッカーを中心としたロッカーファンクションについて考え続けています。
・先月は、従来のフォアフットロッカーとトウロッカーを、MTPロッカーとPIPロッカーに再定義した方が解りやすいのではないかという意見を述べました。
その際、そのメリットのひとつとして「遊脚の「二重振子」の機能を有効に活用できる可能性」について触れましたが、今月は、「遊脚の「二重振子」」に関して簡単に述べます。
・そもそも振り子(単振り子)とは、支点を軸に重心が揺れを繰り返すものですが、二重振子は、単振り子の先(=重心)にもうひとつの単振り子が繫がっているものとなります。
そして、「遊脚の「二重振子」」とは、身体の後ろで地面から離して身体の前に振り出す時の脚(遊脚)において、股関節と膝関節の2つの(=二重の)支点を軸とした振り子が繫がっていることから、そのように呼ばれているものです。
すなわち、遊脚は①「股関節を支点として膝を振り出す振り子」と②「膝を支点として脛骨(スネ)を振り出す振り子」の2つの振り子が繫がったもの(=二重振子)であるということです。
・従来は(※1)、遊脚初期から遊脚後期において、「筋力で脚を前に運ぶ」際に「遊脚の「二重振子」」の原理の運動が行われていると考えられています。
すなわち(教科書的には)、①「股関節を支点として膝を振り出す振り子」=「遊脚初期:股関節屈曲筋によって前方に振り出されると、下腿の慣性によって、膝関節が受動的に屈曲する」、
②「膝を支点として脛骨(スネ)を振り出す振り子」=「遊脚後期:大腿の前方への回転が股関節伸展筋によって制動されると、下腿の慣性によって、膝関節が伸展する」
と言うこととなります。
・一方で先月の私の意見は、従来の「筋力で脚を前に運ぶ」のに対して、「重力」(=膝や脛骨(スネ)の自然落下)を主に利用する「遊脚の「二重振子」」です。
従来の遊脚初期から遊脚後期に対して、立脚後期から前遊脚期・遊脚初期と早いフェイズでの運動と捉えています。
補足すると、①「股関節を支点として膝を振り出す振り子」=「立脚後期:MTPロッカーにおいて、MTP関節の瞬間的な脱力による膝の自然落下(結果としてMTP関節素早く伸展)により、踵が挙上するとともに、膝が前方に振り出される」、
②「膝を支点として脛骨(スネ)を振り出す振り子」=「・前遊脚期:PIPロッカーにおいて、PIP関節の瞬間的な脱力による脛骨の自然落下(結果としてPIP関節素早く伸展)により、脚が素早く離地する(遊脚となる)・遊脚初期:離地した脚は、遊脚として前方に振り出される」
と言うこととなります。
・このような「重力」を主に利用する「遊脚の「二重振子」」が教科書等において記載されているのを見たことはありませんが(少なくとも見つけられませんでしたが)、既に活用されている方はおられるように思います。
この「重力」を主に利用する「遊脚の「二重振子」」の利点は、ケイデンスを大きく(ピッチを速く)できることと捉えています(この意味で、「太刀の腕振り」と相性がいいのではと感じています)。
上記したようなことからも、従来のフォアフットロッカーとトウロッカーを、MTPロッカーとPIPロッカーに再定義することに意義があるように感じています。
今月は以上で♪
1:「従来は」というより、「教科書的には」の方が正確なのかもしれません。例)「動作分析 臨床活用講座」、石井慎一郎編、メジカルビュー社、p.188 2013
なお、これまでどおり、MTP関節(中足趾節関節)、PIP関節(近位趾節間関節)(拇趾ではIP関節(趾節間関節)ですが、ここでは併せてPIP関節と記述)

7月のイベントへの参加は以下の5件でした♪
3
回目の緊急事態宣言が解除されたことで、少しは活動できました♪(4回目が発出され、新規感染者も増加しているのであまりいい状況ではないのですが・・・)
7/6()20() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
7/8() MCEI大阪支部 20217月度 定例会(オンライン参加)
7/17() 89回大阪陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマースタジアム長居)(審判)
7/22(木・祝) 大阪マスターズ常務理事会(大阪)

◆今月のことば:「身体に変化のないものは感情ではなく思考です。」(JIDAI「再創造する天性の「動き」!」(BABジャパン)より)

8月の予定:
8/5() MCEI大阪支部 20218月度 定例会(オンライン参加)(済)
8/17() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
8/29() 23回近畿マスターズ研修会 兼 第11回大阪マスターズ研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)

2021年8月 2日 (月)

この一週間(7/26~8/1)

◆世間では:【東京五輪メダルラッシュ】コロナ下のこの空気の中で、関係者の方の苦労には頭が下がる思いです。
【大阪4度目の緊急事態宣言】緊急で宣言を出すのであれば、「せめて土日だけでも外出を控えて」とは言えなかったのかと思います。月曜日から自粛してでは、「土日のうちに外出しておいて」と言っているのに等しいと感じるのは私だけでしょうか?
そもそも、宣言出しても効果が疑問なのは東京で証明済みなのでは?しかも7/26からの1週間で亡くなった方は3名なのに。。。

◆個人的には:東京五輪、ちゃんと観ていた訳ではないのですが、サーフィンでは結構興奮してしまいました♪
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(7/29

○主な出来事:
特になしでした。

○本:「東京龍神図鑑」絵獅匡著(サンマーク出版)(この本は読むものというよりは眺めるものですが…)
・世の中の物事には陰陽の両面がありますから、東京に限らずどんな土地にも、ポジティブとネガティブふたつのエネルギーがあるのも事実でしょう。しかし、自分自身でポジティブのほうを選んでいけば、必ずそのエネルギーに見合った現実が作られていくと、私は思っています。そして、そのポジティブなエネルギーを後押ししてくれるのが、龍神をはじめとする見えない世界の存在たちではないかと感じています。
・いつも見守ってくれていることに感謝して、自分のやるべきことを誠心誠意やりつづければ、その願いに応えてくれる。意識を向ければ、必ず気付いてくれる……。それが龍神であり、見えない聖なる存在たちではないでしょうか。
・「龍神は、一気に高みに連れていってくれる存在。信じられない景色を見せてくれる存在だと、僕は捉えている。」(「おわりに」川口典孝氏)

○これから一週間の予定:
8/5() MCEI大阪支部 20218月度 定例会(オンライン参加)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31