無料ブログはココログ
フォト

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月22日 (水)

この一週間とちょっと(9/13~9/20)

◆世間では:【コロナ新規感染者急減】まだまだ気を引き締めつつ、普通の生活に戻っていきたいものですね。

◆個人的には:まだ右の坐骨神経の痛みが残っているとはいえ、ようやく少しずつ練習再開です。ようやくコロナワクチン予約しました。1回目10月下旬ですが。。。
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(9/13

○主な出来事:
特になしです・・・9/14の枚方市ノルディック・ウォーク講座は雨天のため中止となりました。。。

○本:「「保守主義者」宣言」小川榮太郎著(育鵬社)(つづき)
・そもそも後智慧を働かせる事を反省といふのであつて、それをしなければ歴史から学ぶ意味はなくなつてしまふ。・・・「そうなるまで考えつかないのは人間のすることの常である。」
・当時の戦争指導者らは、アメリカが終戦を望む条件とは何かこそは、真つ先に考へておくべきであつたろう。・・・戦略を立てる時に重要なのは、自己本位の視座ではなく、相手の視座に立つ事だらう。相手が何を欲してゐる筈なのか、そして相手の弱点はどこか。岡崎氏は、本書(『重光・東郷とその時代』)で、アメリカの弱点は世論にある、それも決定的に、と指摘する。
・「日本が真珠湾奇襲のようなことをしないで、ハル・ノートを公表して、堂々と最後通牒つきで石油の即時前面禁輸解除を要求していれば、もし、米国がそれを拒否して戦争になっても、その日からローズヴェルトは、ベトナム戦争のニクソンのように、議会と日本との二正面作戦を行わざるを得なくなったのである。」(岡崎久彦『重光・東郷とその時代』)
・歴史に身を置き、自虐も自尊もない、他責もない、歴史をできるだけ丁寧に生き直してみる事――その時、私たちは歴史の静かな佇まひを取り戻すだけではないだらう。そのやうな丁寧な生き直しの中からしか、熾烈な現在の世界史的危機を生き延びる智慧も又、見出し得ないに違ひない。
・『日本書紀』は『史記』の単純な模倣ではない。何より重要なのは、書紀が易姓革命による正統の移動といふ歴史観を否定し、万世一系を打ち出してゐる点である。

○これから一週間弱の予定:
9/25() 69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマースタジアム長居)(審判)

2021年9月13日 (月)

この一週間(9/6~9/12)

◆世間では:【自民党総裁選】高市氏が最もまともなことを言っているように思えるが、どうなることでしょう。

◆個人的には:全く練習できていないのに、10/17のマスターズ陸上の大阪選手権申込。まだ右の坐骨神経の痛みも残っているのに。。。
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(9/7)、彩雲(9/10

○主な出来事:
9/7() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
9/9() MCEI大阪支部 20219月度 定例会(オンライン参加)

○本:「最強の神様100」八木龍平著(ダイヤモンド社)
・ご利益とは神様の使命のこと。ご利益をいただくとは、神様の使命を私たちが授かり、この世で実現する身体になること。
・ご利益の本質は、「人の喜びを分かち合える自分になること」。
・後悔しない縁結びをしてくれる・・・オオクニヌシのご利益は、より人を愛し、より人に親切になること。
・アマテラスのご利益をひもとくと、素晴らしい自分自身に気づくこと・・・素直で自然体な自分自身を取り戻してくれます。・・・神様は私の中にあると気づくことが、日本神道の神髄であり、アマテラスのご利益なのです。
・ニギハヤヒは名付け親ですから、日本国のエネルギーそのもの。日本国に関するお役目をご利益をして授ける神様。
・スサノオのご利益は「心身の成長・成熟」。

○これから一週間の予定:
9/14() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2021年9月 6日 (月)

この一週間(8/30~9/5)

◆世間では:【菅首相退任】もうずっと前のことのように感じられるのですが、つい3日前のことだったのですね。。。
【東京パラリンピック閉幕】無事に終わりました。選手の皆さん、関係者の方々、ありがとうございました。

◆個人的には:第9回大阪マスターズ陸上競技大会無事開催。はともかく、右の坐骨神経が痛くて、まともに歩けない状態が続いています・・・と書いていたら、いつの間にか(完全ではないが)痛みが退いてきた♪
・今週の御朱印:なし
・今週の「虹のようなもの」:彩雲(8/31

○主な出来事:
9/5() 9回大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・服部緑地陸上競技場)

○本:「スーパーウォーク歩道」高岡英夫著(ベースボール・マガジン社)(つづき)
・発揮される筋力は、必ず脳とつながっています。ハムストリングスでいえば、股関節周りで働いているのか、膝関節周りで働いているのか、これらのことも脳が一緒に学習して身につけてしまうのです。
・スポーツ界では、「腕振りが走るときの推進力になる」とよくいいますが、肩甲骨を後方に向かってはがすように腕を理想的に大きく振っても、それだけでは身体は前へ進んでいきません。メインエンジンである裏転子が働いて身体が前に進まないと役に立たないのです。
・腕振りのときの後ろ振りで、手の向きは垂直ではなく、垂直に対して45度です。これは実は内旋なのです。この内旋が、猛獣腕脚振メカニズムの要になる部分です。なぜなら手(前足)を垂直にして地面をかく猛獣は、一匹もいないからです。
・猛獣メカニズムとは、全体が一つながりのメカニズムです。スポーツでも使われるようになってきた「連動」は、実は動物時代につくられたものなのです。
・「面白くなったら」という感覚が大事です。脳が深く、豊かに働き出すと面白くなるのです。
・スーッと力感なく歩けていってしまう。動けてしまう――。スピードも自然に速くなる。努力感がないのにスピードが上がる。それがリード軸の特長です。
・リード軸の働きでスッスッ、ササーと音もなく、超楽に、超ハイスピードで移動する。相手に悟られないほどの動きで駆け抜けてしまう。その一方で、腕脚に関してモーター軸の中径軸から生まれるすさまじいパワーが共存しているのが、スポーツには欠かせない能力なのです。

○これから一週間の予定:
9/7() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
9/9() MCEI大阪支部 20219月度 定例会(オンライン参加)

2021年の8月

♪このひと月・・・・東京五輪は何とか無事に閉会し、パラリンピックが開催されています・・・と書いているうちに、本日閉会式が行われました。まだまだコロナの脅威は去ってはいませんが、早く普通の生活に戻って欲しいものです。

◆個人的には:4月以降、先月までロッカーファンクションについて考え続けてきましたが、現在、その内容をまとめて10月に開催予定の日本ウォーキング学会で発表する準備を進めています。
ただし、リモート参加・・・本当はこのような機会に少しでもどこか遠くに行きたいのですが、そうも行かない状況です。。。
ということで、夏休みは終わりましたが、どこか遠くに行きたい気持ちから、これまで国内で訪れたところを今月の話題としたいと思います。
これまで国内に限ってもいろんなところに行ってきましたが、ここ5年くらいは「近代建築を!」と言っていたので、近代建築についてまとめてみました。
とは言え、それ以前は殊更近代建築が目的で訪れた訳ではなく、また、最近ではいつのまにか近代建築から神社が主に目的となってしまったりといい加減な状況ではあります。
そのような状況ではありますが、これまでの私の限られた経験から、よかったと感じた近代建築を振り返ってみました。
なお、2016年に大阪の近代建築についてを話題としたことがありますので、今回は大阪以外で(あと、東京や大学や駅もいずれはまとめてみたいと思っていることから対象から外しました)。
まずは私の勝手な感覚でベスト20
○北海道:旧北海道庁(札幌市)、北一硝子三号館(小樽市)、○青森県:太宰治記念館「斜陽館」(旧津島家住宅)(五所川原市)、○岩手県:小岩井農場(本部事務所等)(岩手郡雫石町)、○福島県:旧伊達郡役所(伊達郡桑折町)、○新潟県:新潟県政記念館(新潟県議会旧議事堂)(新潟市)、○長野県:旧開智学校校舎(松本市)、飯島商店(上田市)、○滋賀県:旧第百三十銀行長浜支店(黒壁ガラス館本館)(長浜市)、○京都府:蹴上第ニ発電所、無鄰菴洋館(京都市)、アサヒビール大山崎山荘美術館(加賀正太郎別荘)(乙訓郡大山崎町)、○奈良県:宝山寺獅子閣(生駒市)、○島根県:興雲閣(松江郷土館)(松江市)、○愛媛県:道後温泉本館(松山市)、○福岡県:旧日本生命保険株式会社九州支店(福岡市赤煉瓦文化館)(福岡市)、○長崎県:旧香港上海銀行長崎支店記念館(長崎市)、○宮崎県:油津赤レンガ館(旧河野家倉庫)、杉村金物店本店(日南市)、○佐賀県:徴古館(佐賀市)
この中から、10箇所に絞って簡単に紹介します(というより、個人的な感想です)。
①北一硝子三号館(小樽市):1986年から北海道での年越しが常態化し始めたのですが、その頃初めて北一硝子の初市に行きました。開拓精神の象徴とも思えるランプが似合う空間がもの凄く新鮮に感じられたことを、懐かしく思い出されます。それから数年は毎年のように北一硝子を訪れたのですが、冬の小樽は滑って転びやすく、他にある近代建築をほとんど訪れていないことは心残りです。(ので、いずれゆっくり歩きたいと思っています)
②旧伊達郡役所(伊達郡桑折町):1985年の春、みさとユースホステルの歩く会で訪れたのですが、田舎のど真ん中とも言えるところにこのような立派な洋館があるのかと、驚きを禁じ得ませんでした。これ以降、カントリーウォークにはまっていくことになるのですが、田舎歩きで白い壁の洋館にまた出合うことも期待していたのかもしれません。
③飯島商店(上田市):1985年の春、別所温泉の上田まほろばユースホステルで「みすず飴本舗」の飯島商店のことを知りました。桑の実や梅、ルバーブといった他にはないジャムにできたてのみすず飴(いわゆるゼリー)。独特の空間が心地よく感じられました。その後、1988年から数年間群馬県に住むことになり、塩田平を歩きに別所温泉にはよく訪れることになりました。大阪に戻ってからはご無沙汰してしまっているので、落ち着いたらまた歩きたいと思っています。
④新潟県政記念館(新潟県議会旧議事堂)(新潟市):2016年に全日本マスターズ陸上競技選手権が新潟で開催された際に訪れました。立派な議事堂のある建物は珍しくもあり、印象深いものがありました。また、階段の途中に「鳴り天井」という、ここで手を叩くとブーンと鳴り響く場所があったことも思い出されます。
⑤アサヒビール大山崎山荘美術館(加賀正太郎別荘)(乙訓郡大山崎町):実は、私にとってこの山荘は最も居心地のいい場所です。競合する会社に勤めていたこともあって、大きな声では言ってはいませんが、時々訪れては背割堤のあたりを見下ろしては心地よい時を過ごしています。
⑥宝山寺獅子閣(生駒市):縁あって2017年より生駒の聖天さんにお詣りしており、2018年の5月の特別公開の時に訪れました。生駒山は小学校の登山で毎年登っていたこともあって、最も親しみのある山なのですが、そこのこのような綺麗な洋館があるとは夢にも思いませんでした。聖天さんにお詣りするたびに、外から眺めていますが、また、落ち着いたら中の雰囲気も味わいたいと思っています。
⑦興雲閣(松江郷土館)(松江市):2003年に全日本マスターズ陸上競技選手権が松江で開催された際に訪れました。実はマスターズの全日本選手権に参加したのはこの時が初めてで、その際に歩き回った松江の町並みは思い出深いものがありました。
⑧旧香港上海銀行長崎支店記念館(長崎市):1999年の春に長崎を訪れた際に立ち寄りました。長崎と言えば坂のイメージがあり、坂を歩くのもとても気持ちのいいものですが、落ち着いた雰囲気の洋館もまた長崎の街に溶け込んでいて、心地よい時を過ごせました。
⑨⑩油津赤レンガ館(旧河野家倉庫)&杉村金物店本店(日南市):2009年に宮崎で開催されたノルディック・ウォーキング教室に呼んでいただき、油津を訪れた際に、予想していなかった風情のある街並みに驚いたことは、以前に書いたことがあるのですが、その中でもこの2つの建物には特に心を奪われました。本当に時間旅行が楽しめたといった感じです。大阪からは簡単に行けるところではないのですが、また、会いに行きたいものです。
今月は以上で♪

8月のイベントへの参加は以下の1件のみでした♪
4
回目の緊急事態宣言発出や雨天による中止のためでした。。。
8/5() MCEI大阪支部 20218月度 定例会(オンライン参加)

◆今月のことば:「こうした人類初の挑戦から見つかる課題は、“全人類でいまだ自分しか知らない問題”というわけだ。ワクワクしないかい?」(吉藤オリィ「ミライの武器」(サンクチュアリ出版)より)

9月の予定:
9/5() 9回大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・服部緑地陸上競技場)(審判)(済)
9/7()14() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
9/9() MCEI大阪支部 20219月度 定例会(オンライン参加)
9/25() 69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマースタジアム長居)(審判)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31