無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(11/22~11/28) | トップページ | この一週間(11/29~12/5) »

2021年12月 5日 (日)

2021年の11月

♪このひと月・・・・米英豪が北京冬期五輪の外交ボイコットを検討している中での、中国女子テニス・彭帥選手の問題。
このような状況下では、選手の人権、安全が担保できないと感じていたところ、(12月に入ってからですが)WTAが中国での大会中止を決断。
選手のことを考えると、ボイコットせざるを得ないと感じているのですが。。。(ボイコットしなかったら、選手が辞退するのではと思ってしまいます・・・オミクロン株の問題も出てきましたし・・・)

◆個人的には:少し早いですが、振り返ってみれば、今年はフォアフットロッカーと遊脚二重振子に関して内容を考え続けた一年でした。
フォアフットといえば、「フォアフット着地」のスロージョギングが思い起こされ・・・ということで、今月はスロージョギングについて。
(【重要】これまで私が述べてきたことを「何を言っているのかさっぱり解らない!」と感じられている方も、最後に述べる理由で、一度スロージョギングを試してみていただければ幸いです♪)
フォアフットロッカーと遊脚二重振子に関して考え続けた結論的なことは、概ね以下とおりです。
「これまで前方への推進力を得るために、足を後ろに押さえつけて地面を押す反動の後、筋力で脚を前方に振り出していたが(「通常の遊脚」の「遊脚二重振子」)、MTP関節の瞬間的な脱力(膝の自然落下)とPIP関節の瞬間的な脱力(脛の自然落下)によって、重力を利用して膝・脛(すね)を自然落下させる方が、脚をより効果的に前方へ振り出され、前方向への推進力が得られる可能性がある(「自然落下の遊脚」の「遊脚二重振子」)」
この中の、MTP関節の瞬間的な脱力による膝の自然落下では、結果として「MTP関節が素早く伸展する」のですが、この「MTP関節が素早く伸展する」動きが、スロージョギングと呼ばれる「遅く走る運動」におけるMTP関節の動きに近い(というよりほぼ同じ)ことに気付きました。
スロージョギングとは、故田中宏暁先生が考案、発信されたもので、6つのポイントにより、5つの効果が期待されている「遅く走る運動」です(※)。
※:日本スロージョギング協会のHP参照:https://www.slowjogging.org/about
6
つのポイントの中で、「フォアフット着地」が、「フォアフットロッカーと遊脚二重振子」との関連では重要であると捉えられました。
前記したHPには、「フォアフット着地」に関して、「足の指の付け根あたりで着地します。つま先ではありません。その場で小さくジャンプすると着地する場所がわかります。」とコメントされています。
実際に「フォアフット着地」でスロージョギングをしてみると実感できるのではと思いますが、「フォアフット着地」では、MTP関節の瞬間的な脱力、伸展をせざるを得ない状況となります。
MTP
関節の瞬間的な脱力、伸展をしないで、MTP関節に屈曲モーメントをかけながら「フォアフット着地」をすることも可能は可能ですが、脚がかなり疲れてくると思います。
例えて言えば、思いっきり力を入れて歯ブラシを握って歯磨きをするようなものでしょうか?(おそらく、いずれ自然と力が抜けて歯磨きをしているのでは?)
同じように、最初はMTP関節に屈曲モーメントがかかっていても、スロージョギングを続けていれば、次第に力が抜けてMTP関節の瞬間的な脱力、伸展が自然とできてくるように感じます。
MTP関節の瞬間的な脱力、伸展が自然とできてくる」ことは、一般的にスロージョギングの効果として認識されている訳ではありません。
しかし、私の感覚では、「フォアフット着地」によって、結果としてMTP関節の瞬間的な脱力が習慣化することは、スロージョギングの効果の一つ、というより、もしかすると最も大きな効果なのではと感じています。
(「フォアフット着地」の際にPIP関節の屈曲⇒伸展の動きも加えられればより効果的なのでは、とも感じていますが、いずれにしても残念ながら田中宏暁先生にお聞きすることはかないません。。。)
もしかしたら、これまで私が述べてきた「屈曲モーメントをかけないMTP関節の瞬間的な脱力、伸展」の感覚がわからない方でも、「フォアフット着地」のスロージョギングをすることでMTP関節の瞬間的な脱力、伸展をせざるを得ない状況となり、ようやく実感していただけるのかもしれません。
田中宏暁先生には、本当に感謝、感謝です。

今月は以上で♪

11月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
11
月は2回目のコロナワクチン接種や歯の治療があり、メンテナンスの比重が高い期間でした。
11/2()16() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
11/11() MCEI大阪支部 202111月度 定例会(オンライン参加)

◆今月のことば:「演じることが嘘(ふり)ではなく、自分の中にあるものを引っ張り出す、つまり真であることによって、その人の本来の力が発揮される・・・むしろ、普段こそ、間違った自分像を演じているのかもしれない。」(JIDAI「再創造する天性の「動き」!」(BABジャパン)より)

12月の予定:
12/8() 枚方市スポーツ推進委員協議会総会
12/9() MCEI大阪支部 202112月度 定例会(オンライン参加)
12/14()23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
12/19() 大阪マスターズ陸上競技連盟理事会

« この一週間(11/22~11/28) | トップページ | この一週間(11/29~12/5) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一週間(11/22~11/28) | トップページ | この一週間(11/29~12/5) »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31