無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(3/7~3/13) | トップページ | この一週間弱(3/22~3/27) »

2022年3月22日 (火)

この一週間とちょっと(3/14~3/21)

◆世間では:【宮城・福島震度6強】地震に対しては、まだまだ気の抜けない日々が続きそうです(というよりこれからが本番?)。

◆個人的には:春分の日を迎えました。まだできていないのですが、春分の日の決意を新たにして、これからの1年を充実したものにしたいと思います。
・今週の御朱印:来迎院(京都市)、新善光寺(書置き)(京都市)
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(3/21

○主な出来事:
特になし。

○本:「「足指」の力」山田真著(コスモ21
・とくに体の不調を招きやすい歩き方のタイプ:①足指を地面から浮かせたまま歩いているタイプ(いわゆる「かかと重心」)②足裏の「外側」にしか体重を乗せずに横揺れしながら歩いているタイプ
・体のあらゆる筋肉は互いにつながって機能していますが、そのなかでもとくに重要なのが「前面ルート」と「後面ルート」。
・前面ルート:足の甲→すねの前面→太ももの前面→骨盤の前面→お腹→胸→首の前面 をつなげている筋肉の流れ
・後面ルート:足の裏→ふくらはぎ→太ももの後面→お尻→腰→背中→首の後面 をつなげている筋肉の流れ
・足指を使って歩くことで、前面ルートの筋肉と後面ルートの筋肉がバランスよく働くようになり、体の不調を根本的に改善していく。
・歩行スピードが遅くなってくるのは老化現象も関係していますが、大半は誤った筋肉の使い方が原因です。・・・足指を地面にしっかり踏み込んで後方に強く蹴るほうが強い推進力が生み出され、より速く歩ける。
・足指を使って歩いていないと、下半身が不安定になり、バランスをとるために上半身の筋肉は常に緊張したままになります。この緊張が肩や首のこりを引き起こす。
・足指をしっかり使えていないと、その影響は精神状態にも現れてくる。
・足指をしっかり使っていないと横のアーチが低下するため、第2指、第3指、第4指の付け根の裏側が地面に着き、歩行時に過剰に摩擦されるためタコやウオノメができてしまう。
・「細絡」:足指を使えていない影響などもあって血流が悪くなり、汚れた血液が停滞し溜まっている状態。
・片足つま先立ち体操:ポイントは、足指をしっかりと広げて片足つま先立ちをすることと、つま先立ちをしたときに親指に体重が乗るようにすること。
⇒私的には、親指ではなく第2指~第3指に体重が乗るようにした方がいいように思います。
・足の親指裏の腹全体は頭部と密接につながっています。・・・また、親指の付け根の箇所は首と密接につながっています。
・足の第2指と第3指の付け根は目と密接につながっています。
・第12指の中足骨間には「太衝」というツボがある・・・このツボを刺激すると、目の症状のほかに頭痛やストレスを軽減する効果もあります。

○これから一週間の予定:
3/22() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)⇒雨で中止かも?

« この一週間(3/7~3/13) | トップページ | この一週間弱(3/22~3/27) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一週間(3/7~3/13) | トップページ | この一週間弱(3/22~3/27) »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31