無料ブログはココログ
フォト

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月27日 (火)

この一週間(6/19~6/25)

◆世間では:【ワグネル反乱】いろんな事件が起こっていますが、いったい何が本質的な問題で、どこに焦点を合わせたらいいのかがわからない状態が続いています。ウクライナもどうなろうとしているのでしょうね。。。

◆個人的には:ここしばらくは、できるだけ眠って脳を休ませています。体幹ジストニアの状況も軽くなっているようには感じていますが、競技に復帰するには、まだ時間がかかりそうです。
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:内がさ(6/2325)。

○主な出来事:
特になし

○本:「歩法の極意」「月刊秘伝」編集部編(BABジャパン)
・そもそも健康とは、ナチュラルに歩けることに基づいているのではないかと。そのように考えると、実は多くの障害や病気は、アンナチュラルな歩き方と関係があるということが見えてくるのです。
・人間の恐怖心を抜きにした技は、絵に描いた餅に過ぎません。・・・恐怖で心が縛られたら技は死ぬ。武術とは、ある意味で人間の本能を克服する道だともいえる。
・武術とは、自分の中心軸を動かさず相手の中心軸を崩すことであるともいえる。
・踵すり足で重要なのは腰(仙骨)を立てて歩くことであり、それによって深層筋である大腰筋が働く。・・・結果として大腰筋を鍛えていることになる。踵すり足は、武術においても健康の面からも日本人に最適な「歩法」なのである。
・『型』の奥深さが理解できると空手への取り組み方そのものが、全く違ったものになっていく。
・地面を蹴って前にでないこと・・・地面を蹴らずに動く為には、地面からの反発力に代わる原動力が必要です。それを作り出すのが『不安定』です。
・「縮地(しゅくち)」とは本来武術の用語ではなく、中国の道教で、何百キロという距離を瞬間移動する仙術のこと。
・「膝抜き」とは膝の力を一気に抜いて上体を落下させること・・・「膝抜き」は重力方向に落下するので、中心軸をまっすぐに保つ働きもあります。
・地面を蹴らない突然の動き出しによって相手を居着かせてしまうことそのものが、「縮地法」が成立する条件なのかもしれません。
・中心軸をまっすぐのまま移動する、その移動方法に「縮地法」が成立する仕組みがあるといえます。
・絵図の通り、坂を下る時に手を挙げ、着地の衝撃を肩で逃がす様にすると、足や膝への負担が著しく軽減しました。また、傳書通り、上り坂では腕を下ろして腰を廻らせて歩くと、楽に進むことができました。

○これから一週間の予定:
特になしです。

2023年6月20日 (火)

この一週間(6/12~6/18)

◆世間では:【大谷翔平2試合連続24号】ウクライナのダム決壊の影響はますます大きくなってきそうですが、それ以外の社会の動きについて行けない今日この頃です。ついて行けてるのはMLBぐらいか?

◆個人的には:できるだけ眠って脳を休ませることで、体幹ジストニアの状況は少しは軽くなっているように感じています。そんな中、ザバスのプロテインが「新パッケージ」と言いつつ内容量が980gから900gに実質値上げになったのはショックです。。。
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:内がさと上部タンジェントアーク(6/18)。

○主な出来事:
特になし

○本:「「腰が痛い」と思ったらとにかく読む本」福谷直人・伊藤かよこ著、福井聖監修(日経BP
・ここでまずお伝えしたいのは、腰痛は決して「治らない」「我慢すべき」ものではなく、自分で対処可能な不調だということ。
・誤った知識によって、「治らないと思い込んで不安な気持ちになってしまうこと」が、実は「本当に治らない現実」をつくりだしている――信じられないかもしれませんが、これが腰痛の新常識です。
・「痛いか、痛くないか」と目くじらを立てるのではなく、「痛みというサインが起こったら、適切に対処する、マネジメントする」というふうに考え方を変えていきましょう。
・「年を重ねると、腰を支えている筋肉が減ったり、骨が歪んだりして腰痛が起こるのは仕方ない」と思い込んで、多くの方が勝手に腰痛の原因をつくりだしている・・・「加齢によって筋肉が減少するから腰痛になる」ということの関連性は認められていません。
・精神的なストレスの強い状態や不安な状態が長く続くと痛みの感じ方をコントロールする脳内神経伝達物質や痛みの制御システムに異常が起こりやすくなることがわかっています。
・腰痛を慢性化させてしまいやすい人には、ある特徴があります。「どこが痛いか」と問われると、「このへんが全体的に痛い」などと手のひらをあてて曖昧な範囲を返したり、聞かれるたびに「このへんが痛い」と示す場所が変わったりする傾向があるのです。
・腰痛をケアするには、「筋肉・筋力」のアップではなく、「筋持久力」のアップのほうが重要です。
・腰痛マネジメントのために重要なのはインナーマッスルです。
・読書を、病気や症状の改善を目的として用いることを「読書療法」といいます。・・・なぜ本を読むだけで、腰痛が改善するのでしょうか?それは、本を読むことで「考え方」や「行動」が変わるからです。ある問題を解決するために「考え方」や「行動」をより適切なものに変えることを援助する方法を「認知行動療法」といいます。
・現時点での最新の知見では、慢性腰痛の改善にもっとも効果的なのは運動とされている・・・慢性痛のメカニズムを理解したうえで、自ら主体的に行なう運動がいい。
・いい気分でいることも役立つのよ。脳の中の報酬系という部分が活性化するのね。それが痛みを鎮めることに役立つのよ。
・一部の例外をのぞき健康は自分の課題よ。生活習慣(食う、寝る、動く)とこころの状態(考える、感じる)を整えること。ほとんどの腰痛はこれで改善します。
・腰痛をおそれる必要はないの。でも、痛みは何かのサインよ。腰痛をきっかけに、生活全体や人生を見直し、自分を大切にしてほしい。

○これから一週間の予定:
特になしです。

2023年6月12日 (月)

この一週間(6/5~6/11)

◆世間では:【藤浪晋太郎3勝目】「藤浪が投げれば勝てる」という雰囲気になれば最高ですね。

◆個人的には:髪の毛のボリュームが減ってきたので、これまで2か月に1回美容院に行っていたのを、ほぼ4か月ぶりに髪を切ってきました。これからは3か月に1回程度かな?
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:6/7910(内がさ)。

○主な出来事:
6/8() MCEI大阪支部 20236月度 定例会(オンライン参加)

○本:「悩み・不安・怒りを小さくするレッスン」(「認知行動療法」入門)中島美鈴著(光文社新書)
・「複雑に悩むよりシンプルに考えましょう」
・必要以上に自分を苦しめている認知の歪みがあるとしたら、それをどのように修正していけば良いか、自分でも良くないと思っている行動パターンがあるとしたら、それをどうやめていけば良いか。そうした「認知と行動の変え方」を、科学的な根拠に基づいて具体的に教えてくれるのが認知行動療法である、と言ってもいいかも知れません。
・自分の受け止め方は唯一の選択肢ではない・・・私たちは出来事によって傷つくのではなく、それをどう認知するかによって、傷ついたり、落ち込んだりしている。
・悲観的な信念は、私たちの物事の受け止め方である認知を歪ませ、行動にも影響を与え、その結果、望ましくない出来事を起こりやすくもします。
・「過去は変えられない。しかし、今、自分が選択している認知と行動なら変えられる」
・頭の中で「ああだろうか、こうだろうか」と考えているのではなく、実際に行動してみる(行動パターンを変えてみる)ことにより、自分の認知が正しいかどうかを検証し、その結果に合わせて認知を修正していく……というのが行動実験の基本的な考え方です。
・行動療法は、ある刺激に対して起こってしまう身体的な反応や取りやすい行動パターンを変えること(適応的な行動を取れるようにすること)自体を目的としている面があります。
・ごく大まかに言えば、ウォルビは、不安は「誤った学習」から生じると考えました。
・「逆制止の原理」:ごく簡単に言えば、ある反応が身体で起こっているときに、それと相反する身体の状態をつくり出すことで、反応を制止する、という考え方。
・「漸進的筋弛緩法」:基本的な手順としては、体の各部位に力を入れてから一気に脱力し、その脱力した感覚を味わっていく、ということを繰り返します。
・「無意識に力が入ってしまっている状態」を一旦「意識的に力を入れている状態」に変える。・・・そうすることで、全身の筋肉の意識によってコントロールしやすくなります。
・学習が成立してしまっているとき、それを「頭の中で考え方を変えるだけ」で解除することはできません。「実際にリラックスしていることができた」「大丈夫だった」という経験を積み重ね、その刺激に対する身体的な反応を学習し直していくことが大切です。
・信念は、・・・それ自体を修正するのは(すぐには)困難です。・・・しかし、自分がどんな信念を持っているかを把握しておくことは大切です。
・アサーティヴ・コミュニケーションでは、自分の「個人の境界」も相手の「個人の境界」も同じくらい大切なものとして扱い、尊重しようとします。
・雑念が湧いたときに、戦うのではなく、受け容れるということ・・・この概念を認知行動療法の第三世代では「アクセプタンス(acceptance)」という言葉で表現いています。・・・しかし、それらに自分が支配されたり、自分が思考や感情と一体化してしまったりはしないように注意します。・・・「脱フュージョン(fusion=融合)」。

○これから一週間の予定:
特になしです。

2023年6月 8日 (木)

2023年の5月

♪このひと月・・・【G7広島サミット】期待されていなかったのかもしれませんが、予想以上に成果はあったのかもしれません。ただ、中共にとって広島は、米国こそが民間人の大量虐殺の本家本元だと世界に訴える隠れ蓑にならないか、といつも心配になります。

◆個人的には:

先月は、「体幹性ジストニア」の可能性が高いと診断されたことに関して、「普通に歩けない」=腰が曲がり(概ね4560°くらい?)猫背の状態でしか歩けない状況になったことを報告しました。
今月は、このような状態になったことで気付いた点を述べたいと思います。
まず、「普通に歩けない」状態とは、先月も書きましたが、具体的には以下の①②の力が働いた状態です。
①骨盤を前傾させようと意識すると、後傾させようとする力が働いてしまう
②胸を張る(というよりほとんどニュートラルなのですが)ことを意識すると、猫背にさせようとする力が働いてしまう
その結果、腰が曲がり(概ね4560°くらい?)猫背の状態でしか歩けない状況となるのですが、体幹が弱ってそのような状態となるのではなく、感覚的には「大リーグ養成ギブス」のような「骨盤前傾養成ギブス」を装着して上記した①②の力に抗って歩いているといった感じです(「大リーグ養成ギブス」を装着したことはないので、あくまでも想像ですが・・・)。
実際には、腰が曲がった猫背の状態で歩くのはとても恥ずかしく感じることではあるのですが、歩かなければ弱っていく一方なので、気にしないで歩くことにしました。
時速6Km以上で歩くこともあり、腰が曲がった猫背の爺さんが、颯爽と歩いている方々を追い抜いていくシーンは、ちょっと異様なのかもしれません。

ということで、本人は不自由ながらも至って元気に過ごしています。(ただし、歩く時間が減ってきているので、脚力の低下がちょっと不安なのですが・・・)
そのような状況で気付いたこととして、以下の三点があります。
・これまで筋肉を増やして、筋力を高めることが、老化によるサルコペニアやフレイルの予防になると考えていたが、見事に裏切られた
・これまで「腰が曲がり猫背の状態」で歩いている人を見て、「もっと筋肉を鍛えていればよかったのに」と思っていたが、全く的外れだった
・所謂ロコモにならないための、サプリメントやプロテインの摂取には意味がなかった(かもしれない)
それぞれについて、どのように考察を深めていくかは今後の課題となりますが、これまで当たり前や常識だと捉えていたことが覆されたことに対しては、ありがたく感じざるを得ません。
なお、このような「体幹性ジストニア」の可能性が高い状況となった原因について、現時点では深く考えない方がいいと思っていますが、「本来は意識することなく、自然に身体が動くに任せている動作を(特に昨年は)意識して動かしてきたことが脳に負荷を与えた」のかもしれません。
具体的には、骨盤前傾の効用を確認するため、骨盤を前傾したり後傾したり、また同時にMTP関節やPIP関節を屈曲させたり伸展させたりしていたことが該当するのですが、その意味では「職業性ジストニア」というカテゴリーに含まれる可能性もあるのかもしれません。
いずれにしても、実際にこれからどのように対応していくかなのですが、まずは「脳を休ませること」と「体幹の柔軟性向上」から取り組んでいくことを、先月の時点では考えていました。
一方で、そのような状況で、以前に購入したのが、そのまま積ん読状態だった「人生を変える幸せの腰痛学校」という本が何故か(というより必然だったのでしょう)目にとまり、
『「認知行動療法」が腰痛に有効』
ということが飛び込んできました。
上記したことから、「脳を休ませること」と「体幹の柔軟性向上」に加えて、「体幹性ジストニア」(ではない可能性もあるのですが)に対する「認知行動療法」的アプローチの可能性を追求してみたいと思っています。
今月は以上で♪

5月のイベントへの参加は以下の2件でした♪
まだまだ静かに養生している状況が続きそうです。
5/11() MCEI大阪支部 2023年5月度 定例会(オンライン参加)
5/28() スポーツコミュニケーションBASIC 1 研修(大阪)

◆今月のことば:「自分の「受容力」を超えた話は聞くことができない。」(中村淳彦著「悪魔の傾聴」(飛鳥新社)より)

6月の予定:
6/8() MCEI大阪支部 20236月度 定例会(オンライン参加)

2023年6月 7日 (水)

この二週間(5/22~6/4)

◆世間では:【「探偵!ナイトスクープ」初代局長上岡龍太郎さん死去】今年は「探偵!ナイトスクープ」に関する話題が多いですね。

◆個人的には:お陰さまで、健やかに歳を重ねることができました。このタイミングで、以下に紹介している「人生を変える幸せの腰痛学校」を読みました。そこに紹介されている「認知行動療法」的アプローチが「体幹性ジストニア」でも効果が得られないか。これからの私の残りの人生で、その可能性を追求してみたいと思っています。
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:なしでした。

○主な出来事:
5/28() スポーツコミュニケーションBASIC 1 研修(大阪)

○本:「人生を変える幸せの腰痛学校」伊藤かよこ著(プレジデント社)
・この本『人生を変える幸せの腰痛学校』は、今や世界の最先端の腰痛治療の現場で行われ、実際に驚くべき成果を上げている「認知行動療法」のプログラムに基づいて描かれたものです。
・今や欧米などの最先端の治療現場で行われていることは、たった二つのことだけです。:①痛みの原因とメカニズムを正しく理解すること②適度に身体を動かすこと
・腰痛を治したければ、腰痛を治そうとしたらアカンのですわ。
・『腰痛』という文字を見たり、聞いたり、口にしたりするだけで、ペインマトリックスを興奮させ、痛みを強める可能性がある。
・腰痛のままでもまあええか、と思えた時に、痛みは少しずつ減少していきます。
・「実際は一病多因なんです。原因のすべてを正確に知ることはできません。そのことがわかった時、どうしたらいいと思いますか?」「原因について考えるのをやめることです。」
・自分で治せる。そして原因は正確にわからなくてもいい。まずはこの二つをしっかりと胸に刻みこんでください。
・現時点でもっとも科学的根拠の信頼度が高い腰痛の治療法はね・・・運動と認知行動療法。認知行動療法というのは、腰や腰痛に関する不適切な考え方や行動を変えるという方法。
・まずは落ち着くことです。『大丈夫、落ち着け。大丈夫、落ち着け』と三回声に出して自分に強く言い聞かせます。
・ギックリ腰は、腰の筋肉の強い緊張によって起こります。原因は腰ですけど、それが必要以上の激痛になるのは脳が暴走するからです。・・・脳の暴走には、“不安”と“恐怖”が関係しています。
・自分で選択し、決断し、行動する。そして、行動したことによって初めて自信がつく。
・腰痛が治っても治らなくてもどっちでもいい、腰痛のことがどうでもいいと思えるくらい、今この瞬間を思いっきりいい気分で過ごせたらええね。・・・いい気分は、自信や行動力を取り戻してくれる。
・もっとからだと仲良くしましょう・・・いつもは、当たり前だと気にもとめていないからだの働きに、『ありがとう』と言ってみませんか?
・恐いことを克服する方法はひとつしかありません。・・・その恐いことを実際にやってみることなんです。
・私たち人間はね、他の人が感じていることをまったく同じように感じることはできないんです。
・だから私は多くの人に伝えたい。もっと自分の身体と仲良くしてほしい、好きになってほしい。自分の身体に「ありがとう」「大好き」と声をかけて欲しい。「味方だよ」「仲間だよ」って思ってほしい。
・現時点での慢性の痛みに関する世界最先端の治療は、オーストラリアのシドニー大学で行われている認知行動療法プログラムです。。

○これから一週間の予定:
6/8() MCEI大阪支部 20236月度 定例会(オンライン参加)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

最近のトラックバック

2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31